ヴォルフガング・オヴェラート

ドイツのサッカー選手

ヴォルフガング・オヴェラート(Wolfgang Overath, 1943年9月29日 - )は、ドイツサッカー選手。選手時代のポジションはミッドフィールダー西ドイツ代表として3度のFIFAワールドカップに出場し、地元開催となった1974年大会において優勝の立役者となった[4]オベラート[4]オベラーツとも表記される[1]

ヴォルフガング・オヴェラート Football pictogram.svg
Finale wereldkampioenschap voetbal 1974 in Munchen, West Duitsland tegen Nederla, Bestanddeelnr 927-3080.jpg
1974年のオヴェラート(左)とゲルト・ミュラー
名前
愛称 左足の芸術家[1]
ラテン文字 Wolfgang Overath
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1943-09-29) 1943年9月29日(74歳)
出身地 ジークブルク
身長 175cm[2]
体重 71kg[2]
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
ユース
1953-1962 ドイツの旗 SSVジークブルク04
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1962-1977 ドイツの旗 1.FCケルン 409 (83)
代表歴
1963-1974[3] 西ドイツの旗 西ドイツ 81 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

選手経歴編集

クラブ編集

オヴェラートは1953年に故郷のSSVジークブルク04でサッカーを始めると [5]、10代の頃から才能を示し西ドイツユース代表に選出され[6]欧州サッカー連盟主催のユーストーナメントに出場した[6]

1962年1.FCケルンに入団[5]。ケルンはハンス・シェーファーらを擁して1961-62シーズンのドイツ・サッカー選手権で優勝した強豪であり[5]1963年から開始されたブンデスリーガの創設メンバーにも名を連ねていたが、オヴェラートは1963-64シーズンのブンデスリーガにおいて開幕から3試合連続得点を決める活躍を見せ[7][8][9]初優勝に貢献した[5]

クラブレベルでは一貫して1.FCケルンに在籍[5]1960年代から1970年代に掛けてはバイエルン・ミュンヘンボルシア・メンヒェングラートバッハが国内を二分していたこともありタイトルには恵まれなかったが、1967-68シーズンと1976-77シーズンにDFBポカールで優勝した[5]。一方で1976年から監督を務めていたヘネス・バイスバイラーと対立し[5]1977年5月に33歳で現役を引退した[5][10]

代表編集

西ドイツ代表としては1963年9月28日に行われたトルコ代表戦でデビュー[3]。攻撃的ミッドフィールダーのポジションを獲得すると[10]1966年イングランドで開催された1966 FIFAワールドカップでは準優勝[5]1970年メキシコで開催された1970 FIFAワールドカップでは3位入賞に貢献した[5]。メキシコ大会でのプレーについてブラジルのメディアからは「プリマドンナの優雅さと宇宙飛行士の持久力、アインシュタインの知性を持つ選手」と評され[5][11]、自身も後のインタビューにおいて「私にとって最高の大会だった」と評している[5]

その後、鼠蹊部の怪我[11]の影響により代表から外れた間にギュンター・ネッツァーが台頭しUEFA欧州選手権1972の優勝に貢献したことから「オヴェラート不要論」が沸き起こった[12]。一方、1974年に地元西ドイツで開催された1974 FIFAワールドカップを目前に控え、ネッツァーが体調を崩したことから再びポジションを獲得し[12]、全6試合に出場し1次リーグ初戦のオーストラリア代表戦と2次リーグ第2戦のスウェーデン代表戦で得点を決める活躍を見せ優勝に貢献した[5][10]。決勝のオランダ代表戦を最後にゲルト・ミュラーユルゲン・グラボウスキと共に代表を引退したが[13]、国際Aマッチ81試合に出場し17得点を記録した[3]

引退後編集

引退後はビジネスマンに転身し保険代理店や不動産業を手掛ける一方で、スポーツ用品メーカーのアディダスの役員を務めた[6][11]1991年から1998年にかけて古巣の1.FCケルンの取締役会に名を連ね[5][10]、クラブ理事会の顧問を務めた後[14]2004年6月から2011年11月にかけて同クラブの会長を務めた[6]

人物編集

ポジションは攻撃的ミッドフィールダーを務め、中盤を幅広く動き回り、巧みなボールキープと左足から繰り出される長短の正確なパスで攻撃を組み立てた[4][15][16]フランツ・ベッケンバウアーによれば完全な左利きの選手であり、自身では「右足は体を支えるためだけに必要だ」と答えていたという[16]

1歳年下で同じポジションを務めるギュンター・ネッツァーとはライバル関係と評された[17]西ドイツ代表監督のヘルムート・シェーンは両者の同時期用を幾度か試みたもののプレーエリアが重なることもあり、共存は難しかったという[18][16][19]。シェーンは「両者を一つのチームでプレーさせることは困難であり誰の得にもならない。チームにとっても当人たちにとってもだ」と評している[11]。一方、オヴェラートは後のインタビューにおいて「ギュンターと私はライバル関係にもかかわらず良い友人だった。彼とはメキシコ大会で親しくなった後も友情を維持し続けている。ただし、一旦ピッチに立てば話は別だ。当時はポジションを巡ってプレッシャーを感じて不安定な心理状態になり、妻に『西ドイツ代表を辞退する』と告白したこともあった」と語っている[17]

個人成績編集

クラブでの成績編集

出典[2][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34]
クラブ成績 リーグ カップ ヨーロッパ 通算
クラブ リーグ シーズン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ケルン ブンデスリーガ 1963-64 30 9 2 0 6 2 38 11
1964-65 27 9 0 0 7 1 34 10
1965-66 30 3 2 0 5 2 37 5
1966-67 33 6 4 1 - 37 7
1967-68 29 9 6 2 4 1 39 12
1968-69 34 6 1 0 8 1 43 7
1969-70 29 12 6 2 - 35 14
1970-71 26 4 5 1 6 0 37 5
1971-72 25 6 6 7 2 0 33 13
1972-73 30 3 8 3 5 0 43 6
1973-74 31 5 3 2 7 1 41 8
1974-75 34 4 4 0 10 3 48 7
1975-76 27 2 3 1 4 0 34 3
1976-77 24 6 5 4 5 0 34 10
合計 409 84 55 23 71 11 535 118

代表での成績編集

出典[3]
西ドイツ代表
出場 得点
1963 3 0
1964 4 1
1965 4 2
1966 13 3
1967 8 1
1968 8 2
1969 6 3
1970 12 2
1971 6 1
1972 0 0
1973 8 0
1974 9 2
通算 81 17

代表での得点編集

出典[3]

獲得タイトル編集

クラブ編集

代表編集

脚注編集

  1. ^ a b ゴールのための常識”. 賀川サッカーライブラリー. 2014年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c Wolfgang Overath”. Fussballdaten. 2014年10月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e Wolfgang Overath - International Appearances”. rsssf.com. 2014年10月11日閲覧。
  4. ^ a b c 週刊サッカーマガジン 編 『サッカーマルチ大辞典 改訂版』 ベースボール・マガジン社2006年、123頁。ISBN 978-4583038803
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n Wolfgang OVERATH - Die großen Spieler”. FIFA.com. 2014年10月11日閲覧。
  6. ^ a b c d Ein Weltmeister ist 70 Herzlichen Glückwunsch, Wolfgang Overath”. 1. FC Köln (2013年9月29日). 2014年10月11日閲覧。
  7. ^ Spielstatistik 1. FC Saarbrücken gegen 1. FC Köln 0:2 (0:2) - Bundesliga 1963/1964 - Der 1. Spieltag”. Fussballdaten. 2014年10月11日閲覧。
  8. ^ Spielstatistik 1. FC Köln gegen Karlsruher SC 4:0 (2:0) - Bundesliga 1963/1964 - Der 2. Spieltag”. Fussballdaten. 2014年10月11日閲覧。
  9. ^ Spielstatistik TSV 1860 München gegen 1. FC Köln 1:3 (0:0) - Bundesliga 1963/1964 - Der 3. Spieltag”. Fussballdaten. 2014年10月11日閲覧。
  10. ^ a b c d Wolfgang Overath: Kölner Ikone und Weltmeister”. NDR.de. 2014年10月11日閲覧。
  11. ^ a b c d グレゴル・デリヒス 「オベラートVSネッツァー 宿命のライバルの「それから」」『週刊サッカーマガジン』1999年9月22日号、ベースボール・マガジン社、30-32頁。
  12. ^ a b 明石 2006、194-196頁
  13. ^ 明石 2006、220頁
  14. ^ ケルンのカスパーズ会長が辞任”. UEFA.com (2004年5月7日). 2014年10月11日閲覧。
  15. ^ 『スポーツ20世紀 vol.1 サッカー 英雄たちの世紀』 ベースボール・マガジン社2000年、22頁。ISBN 978-4583610849
  16. ^ a b c 『DREAM ELEVEN vol.1 ドイツ代表特集』 日本文化出版2006年、26頁。ISBN 978-4890841189
  17. ^ a b Wolfgang Overath: "Das Wertvollste und Größte in meiner Karriere"”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年10月11日閲覧。
  18. ^ 明石 2006、184頁
  19. ^ 「Who is the KING ? 王座を巡る争い 5 GÜNTER NETZER VS WOLFGANG OVERATH」『レジェンド 伝説のライバル』 日本スポーツ企画出版社2001年、58-59頁。ISBN 978-4930942418
  20. ^ Wolfgang Overath - 1963/1964 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  21. ^ Wolfgang Overath - 1964/1965 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  22. ^ Wolfgang Overath - 1965/1966 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  23. ^ Wolfgang Overath - 1966/1967 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  24. ^ Wolfgang Overath - 1967/1968 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  25. ^ Wolfgang Overath - 1968/1969 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  26. ^ Wolfgang Overath - 1969/1970 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  27. ^ Wolfgang Overath - 1970/1971 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  28. ^ Wolfgang Overath - 1971/1972 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  29. ^ Wolfgang Overath - 1972/1973 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  30. ^ Wolfgang Overath - 1973/1974 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  31. ^ Wolfgang Overath - 1974/1975 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  32. ^ Wolfgang Overath - 1975/1976 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  33. ^ Wolfgang Overath - 1976/1977 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  34. ^ Wolfgang Overath - Matches in European Cups”. rsssf.com. 2014年10月11日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集