ヴォルフガング・シュタルク

ヴォルフガング・シュタルク(Wolfgang Stark, 1969年11月20日 - )はドイツの元サッカー審判員。身長191cm。1999年FIFAのライセンスを取得し2001年から2014年まで国際審判員として活動した。第2言語として英語を使用できる。本業は銀行員。

ヴォルフガング・シュタルク
Wolfgang Stark 5412 detail.jpg
個人情報
フルネーム Wolfgang Stark
誕生日 (1969-11-20) 1969年11月20日(53歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バイエルン州ランツフート
他職業 銀行員
国内
リーグ 役割
1996-2017 2. ブンデスリーガ 審判員
1997-2017 ブンデスリーガ 審判員
国際
リーグ 役割
1999-2014 FIFA登録 審判員

2001年9月には日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の招聘で来日し、J1を4試合、J2を1試合、Jリーグカップを1試合担当した。

担当した主な国際大会編集

北京オリンピック編集

北京オリンピックでは2試合を担当した。

2010 FIFAワールドカップ編集

2010 FIFAワールドカップでは3試合を担当した。

記録編集

ブンデスリーガ 2013-2014 イエローカード/76枚、レッドカード/1枚

参考文献編集