ヴォルフガング・シュッセル

ヴォルフガング・シュッセル(Wolfgang Schüssel、1945年6月7日 - )は、オーストリアの政治家。オーストリア国民党党首(1995年 - 2007年)、並びに同国の連邦首相(2000年 - 2007年)。

ヴォルフガング・シュッセル
Wolfgang Schüssel
W Schuessel7.jpg
ヴォルフガング・シュッセル(2007年)
生年月日 (1945-06-07) 1945年6月7日(77歳)
出生地 オーストリアの旗 オーストリアウィーン
所属政党 オーストリア国民党

オーストリアの旗 第26代連邦首相
在任期間 2000年2月4日 - 2007年1月11日
連邦大統領 トーマス・クレスティル
テンプレートを表示

人物編集

ウィーン大学で法学を学ぶ。

1999年の国民議会選挙後、第2党に躍進した自由党連立を組んで、それまで長く続いてきた社会民主党・国民党の大連立政権を解消、右派政権を誕生させた。極右とみられていた自由党を政権参加させたことから、社会民主主義政党の政権が多かった他の欧州各国の猛反発を受け、制裁を科された。しかしそれらの反発をしのぎ、政権を維持した。2006年の連邦議会選挙で社民党に第一党の座を奪還され、責任を取る形で首相・国民党党首を辞任。社民党・国民党という左右の大連立政権に戻った。

先代
ヴィクトル・クリーマ
オーストリア共和国連邦首相
2000年 - 2007年
次代
アルフレート・グーゼンバウアー
先代
エアハルト・ブゼック
オーストリア国民党党首
1995年 - 2007年
次代
ヴィルヘルム・モルテラー