メインメニューを開く

ヴォルフガング・ブランケンブルク

ヴォルフガング・ブランケンブルク(Wolfgang Blankenburg、1928年 - 2002年)は、ドイツ精神病理学者。

「自明性の喪失」こそが、統合失調症(特に破瓜型、単純型)の本質である、との視点を、ルートヴィヒ・ビンスワンガーらを継承して深化させていった。彼の統合失調症論が、この病をコモン・センスに関わる病であることを提起し、中村雄二郎共通感覚論に多大な影響を与えた[1]

目次

経歴編集

[2]

主な著書編集

  • 「自明性の喪失 分裂病の現象学」(1971年)

参考文献編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 参考文献 中村著
  2. ^ みすず書房HP
  3. ^ 柄谷行人『漱石論集成』(第三文明社