メインメニューを開く

ヴォロダリ・グレボヴィチベラルーシ語: Валадар Глебавіч1090年代 - 1167年以降)は、ミンスクグレプヴォルィーニ公国の公女アナスタシヤとの間の子である。

ポロツク・イジャスラフ家(ru)出身。ミンスク公1151年 - 1159年1165年 - 1167年[1]ゴロデツ公(ru):1159年 - 1165年、ポロツク公:1167年。兄弟にはミンスクロスチスラフがいる。

1135年もしくは1136年に、ポーランド大公ボレスワフ3世の娘・リクサ(en)と結婚した[注 1]。一説によるとこの結婚は、キエフ大公ウラジーミル・モノマフの相続人の一人[注 2]であるデンマーク王エリク(イレク)2世(en)に対する、ポロツク公国とボレスワフ3世との同盟を締結するためだったという[2]

妻子編集

妻はボレスワフ3世の娘リクサ。子には以下の人物がいる。

脚注編集

注釈

  1. ^ リクサはこの時、スウェーデン王マグヌス1世(en)の未亡人だった。
  2. ^ エーリク2世の妻(en)はウラジーミル・モノマフの孫、ムスチスラフ1世の娘だった。
  3. ^ ウラジーミルをヴォロダリの子とする説には、Назаренко А. В. Древняя Русь на международных путях. — С. 589—590.等がある。

出典

参考文献編集

  • Славянская энциклопедия. Киевская Русь — Московия: в 2 т. / Автор-составитель В. В. Богуславский. — М.: ОЛМА-ПРЕСС, 2001.