メインメニューを開く

ヴヌーコヴォ国際空港: Международный аэропорт "Внуково" ミジュドゥナロードヌィイ・アエラポールト・ヴヌーカヴァ)は、ロシア連邦モスクワ市内南西部にある国際空港である。日本語ではヴヌコヴォ空港ブヌコボ空港などとも表記される。2019年5月31日にウラジーミル・プーチン大統領が空港名に航空機技術者のアンドレーイ・トゥーポレフを冠する大統領令に署名した[4]

ヴヌーコヴォ国際空港
Аэропорт Внуково
Vnukovo International Airport
Airport, Ramp JP7551641.jpg 
IATA: VKO - ICAO: UUWW
概要
国・地域 ロシアの旗 ロシア
所在地 モスクワ
種類 公共
運営者 JSC "Vnukovo Airport"
開港 1941年7月2日
拠点航空会社 ガスプロムアビア
Pobeda
UTエアー
標高 209 m (686 ft)
座標 北緯55度35分46秒 東経37度16分03秒 / 北緯55.59611度 東経37.26750度 / 55.59611; 37.26750座標: 北緯55度35分46秒 東経37度16分03秒 / 北緯55.59611度 東経37.26750度 / 55.59611; 37.26750
公式サイト 公式ウェブサイト
地図
ロシアの空港位置図
ロシアの空港位置図
VKO
ロシアの空港位置図
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
01/19 3,060×60 アスファルト
06/24 3,000×60 アスファルト
統計 (2017年)
旅客数 18,139,000人
発着回数 163,600回
出典:DAFIF[1][2]、空港公式サイト[3]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

概要編集

 
ヴヌーコヴォ国際空港全景
 
出発エリア
 
ターミナル内部
 
アエロエクスプレスの車両

開港は1941年7月2日で、ちょうどソ連対ドイツ大祖国戦争が始まった時期であり、モスクワの3つの国際空港の中では最も古い空港である。主にカフカス中央アジア方面の国内線・国際線が多いが、ヨーロッパ路線も発着しており、近年は ドモジェドヴォ空港シェレメーチエヴォ国際空港の過密解消のために続々と就航路線が増え、2010年には新ターミナルも竣工し利用客数はロシア第3位の規模となっている。

ターミナルはA、B、Dと三つあるが、BとDは閉鎖されていて使用されているのはターミナルAのみである。

2018年10月よりロシア国内の空港名に冠する計画が開始され、国民投票を経て2019年5月31日にウラジーミル・プーチン大統領がホムトヴォ空港に航空機技術者アンドレーイ・トゥーポレフを冠する大統領令に署名した[4][5]

就航航空会社と就航都市編集

国際線編集

航空会社就航地
 UTエアー バクー、ナヒチェバン、ギャンジャ、ベルリン/テーゲル、タシケント、フェルガナ、ブハラ、ドゥシャンベミラノ
ミンスクリガ、サマルカンド、三亜ウィーンヴィリニュスエレバン、テッサロニキ(季節運航)、
イラクリオン(季節運航)、ミュンヘン
 en:Pobeda (airline) アンタルヤ、ベルガモベルリンブラチスラヴァケルン/ボンアイントホーフェンジローナギュムリヘルシンキ
イスタンブール/サビハ・ギョクチェンイスタンブールカルロヴィ・ヴァリカールスルーエ・バーデン=バーデン
ラルナカ、ライプツィヒ、メミンゲンオーステンデパレルモピサティヴァトトレヴィーゾ
ガジパシャ(季節運航)、レウス(季節運航)、インスブルック(季節運航便)、ザルツブルク(季節運航便)、
ヴァルナ(季節運航便)
 en:RusLine ライプツィヒパランガ(季節運航)
 en:Azur Air ドバイ(季節運航)、ラルナカ(季節運航)、カムラン(季節運航)、プンタカーナ(季節運航)、バラデーロ(季節運航)、
三亜(季節運航)
 en:Nouvelair ジェルバ(季節運航)、モナスティル (チュニジア)(季節運航)
  アゼルバイジャン航空 バクーギャンジャレンキャラン(季節運航)、カバラ(季節運航)
 en:Buta Airways バクー、ギャンジャ
 マーハーン航空 テヘランマシュハド(季節運航)
 イラン・アーセマーン航空 テヘラン(季節運航)
 ウズベキスタン航空 タシュケントブハラフェルガナカルシナマンガンサマルカンドウルゲンチヌクスアンディジャンテルメズ
 イラク航空 バグダード
 ジョージアン・エアウェイズ トビリシ
 フライドバイ ドバイ
 ウィズエアー ブダペストデブレツェン
 ターキッシュ エアラインズ イスタンブールアンタルヤアンカラ
 シリア・アラブ航空 ダマスカス
 チュニスエア モナスティル(季節運航)
 en:SCAT Airlines シムケントアクトベアクタウ
 en:Ellinair テッサロニキアテネ(季節運航)、イラクリオン(季節運航)
 en:FlyOne キシナウ

国内線編集

航空会社就航地
 UTエアー アナディリアルハンゲリスクベルゴロドチェボクサルグローズヌイカザンクラスノヤルスクカリーニングラード
ハンティ・マンシースクコガリムクラスノダールクルガンマガスマグニトゴルスクマハチカラ
ミネラーリヌィエ・ヴォードィムルマンスクナリチクナリヤン・マルニジニ・ノヴゴロドノヤブリスク
ペヴェクロストフ・ナ・ドヌサンクトペテルブルクサベッタソチスタヴロポリスグルトスィクティフカルチュメニ
ウファウリヤノフスク、ウシンスク、ウラジカフカスアナパ(季節運航)、ベロヤルスク(季節運航)
 ガスプロムアヴィア ノーヴィ・ウレンゴイ、 ナディム、ボバネンコヴァ、ノヤブリスク、ウファ、チュメニ、エカテリンブルク、ヤムブルグ
 ヤクーツク航空 ヤクーツク、ソチ、ネリュングリペヴェク
 ロシア航空 ソチ、サンクトペテルブルク
 en:RusLine ベルゴロド、エリスタイヴァノヴォイジェフスクカルーガキーロフクルスクリペツクペンザサラトフタンボフ
ウリヤノフスク、ヴォルクタヴォロネジ
 en:Pobeda (airline) アストラハン、チェボクサルイルクーツク、カリーニングラード、クラスノヤルスク、クラスノダール、マガス、マハチカラ、
ナリチク、ネラーリヌィエ・ヴォードィ、ニジネカムスクノボシビルスクペルミ、ロストフ・ナ・ドヌ、サマーラ、サランスク、
サンクトペテルブルク、スルグト、トムスクウランウデ、ウリヤノフスク、ウラジカフカス、ヴォルゴグラードエカテリンブルク
アナパ(季節運航)
 en:Izhavia イジェフスク
 en:IrAero クズル
 en:Vologda Aviation Enterprise ヴォログダ

空港アクセス編集

市内へのアクセスはアエロエクスプレスキエフスキー駅まで約35分で結んでいる。エヴラジアというシュタッドラー・レール社製の2階建て車両KISSが使用される。また、モスクワ地下鉄カリーニンスコ=ソンツェフスカヤ線が2022年頃に空港まで延伸予定で、完成するとモスクワの空港としては初めて地下鉄で結ばれる。

事故編集

2012年12月29日チェコパルドゥビツェ発のレッドウィングス航空ツポレフ204型機が、当空港へ着陸したところ、滑走路をオーバーランして近くの幹線道路に突っ込み大破した。搭乗していた乗員8名のうち、機長を含む5名が死亡し3名は負傷。乗客はいなかった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ UUWWの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ) 出典:DAFIF.
  2. ^ VKOの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF.
  3. ^ Vnukovo Airport passenger statistics for 2008”. 2012年4月8日閲覧。
  4. ^ a b “ロシア各地の空港、大統領令で改名 サハリン島にチェーホフ空港誕生”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年6月1日). https://www.afpbb.com/articles/-/3227904 2019年6月3日閲覧。 
  5. ^ “ロシアの空港に人名がつけられる”. Sputnik 日本. スプートニク. (2019年6月1日). https://jp.sputniknews.com/russia/201906016315213/ 2019年6月3日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集