メインメニューを開く

ヴラジーミル・アレクセーヴィチ・コルニーロフ(Vladimir Alekseevich Korniloff、1806年 - 1854年10月17日)は、ロシア帝国海軍の軍人。最終階級は中将

ヴラジーミル・アレクセーヴィチ・コルニーロフ
Владимир Алексеевич Корнилов
1989 CPA 6157.jpg
生誕 1806年2月13日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国トヴェリ県英語版
死没 (1854-10-17) 1854年10月17日(48歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 セヴァストポリ
所属組織 Naval Ensign of Russia.svg ロシア帝国海軍
軍歴 1821 - 1854
最終階級 海軍中将
墓所 聖ウラジーミル大聖堂英語版[1]
テンプレートを表示

クリミア戦争では黒海艦隊司令長官、セヴァストポリ要塞司令官を歴任し、セヴァストポリの包囲戦で戦死した。

略歴編集

トヴェリ県英語版スタリツキー郡ロシア語版出身。父アレクセイ・ミハイロヴィチ・コルニーロフロシア語版は海軍軍人であり、枢密顧問官、イルクーツク県ロシア語版知事、トボリスク県英語版知事を務めた。兄のアレクサンドル・アレクセーヴィチ・コルニーロフロシア語版もまた海軍軍人であり、枢密顧問官、上院議員を務めた。

1821年、海軍教練隊英語版に入り、1823年卒業。バルチック艦隊スループミルーヌィ英語版』乗組となる。ギリシャ独立戦争時、戦列艦アゾフ英語版』乗組としてナヴァリノの海戦に参加。1841年、黒海艦隊戦艦『十二使徒』初代艦長。

1847年、新型蒸気フリゲート英語版購入のためロンドンに赴く。

1849年、黒海艦隊参謀長に就任。司令長官ミハイル・ラザレフ英語版の補佐に努める。

1851年、ラザレフの急死を受け、後任の黒海艦隊司令長官兼侍従武官となる。

1853年11月5日、艦隊旗艦『ウラジーミルロシア語版』(艦長グリゴリー・ブタコフ)に同乗していたところオスマン・エジプト海軍の『パルヴェーズィ・バフリ』と会敵。パルヴェーズィ・バフリの艦載砲数はウラジーミルより多かったものの、艦首と艦尾には搭載しておらず、したがって側面からの砲撃しかできなかった。そこで、ブタコフ艦長は後方の死角を突く作戦に出るが、時間の経過甚だしく、コルニーロフは早急な轟沈を命ずる。そこで今度は至近距離から砲撃を加え、3時間の戦闘の末これを鹵獲。パルヴェーズィ・バフリはセヴァストポリに曳港、接収され、『コルニーロフ』と名付けられた[2]

1854年、セヴァストポリの包囲戦でセヴァストポリ要塞司令官[3]として港口に自国艦艇を自沈させて閉塞し、艦載砲を揚陸して連合軍に対抗したが、要塞防衛を指揮中、重傷を負い死亡した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Vladimir Alekseyevich Kornilov - Find a Grave
  2. ^ Mitch. “19th Century on Russian Warships”. Warshipsfromrussia.devhub.com. 2011年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月19日閲覧。
  3. ^ Под солнцем благостной Тавриды” (2007年4月16日). 2011年1月6日閲覧。

関連項目編集