ヴラダン・ミロイェヴィッチ

ヴラダン・ミロイェヴィッチ (セルビア語: Владан Милојевић, Vladan Milojević1970年3月9日 - )は、セルビアの元サッカー選手、現サッカー指導者。選手時代のポジションはDF

ヴラダン・ミロイェヴィッチ Football pictogram.svg
名前
本名 ヴラダン・ミロイェヴィッチ
ラテン文字 Vladan Milojević
キリル文字 Владан Милојевић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1970-03-09) 1970年3月9日(52歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗アランジェロヴァツ
身長 182cm
選手情報
ポジション DF(CB)
ユース
1986-1989 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ベチェイ
1990-1993 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗ユーゴスラビアの旗 ラドニチュキ・ベオグラード 57 (10)
1993-1994 ギリシャの旗 PASヤニナ 29 (6)
1994-1995 ギリシャの旗 カラマタ 36 (1)
1995-1996 ユーゴスラビアの旗 レッドスター・ベオグラード 13 (0)
1996-1997 ギリシャの旗 アポロン・スミルニ 29 (3)
1997-2000 ギリシャの旗 パナシナイコス 61 (5)
2000-2003 ギリシャの旗 イラクリス・テッサロニキ 69 (3)
2003 ギリシャの旗 アクラティトス 9 (1)
2004 ギリシャの旗 アポロン・スミルニ 11 (0)
監督歴
2006-2007 セルビアの旗 チュカリチュキ(アシスタント)
2010-2011 セルビアの旗 レッドスター・ベオグラード(U19)
2011 セルビアの旗 ヤヴォル・イヴァニツァ
2012-2015 セルビアの旗 チュカリチュキ
2015-2016 キプロスの旗 オモニア・ニコシア
2016-2017 ギリシャの旗 パニオニオス
2017-2019 セルビアの旗 レッドスター・ベオグラード
2020-2021 サウジアラビアの旗 アル・アハリ・ジッダ
2021 ギリシャの旗 AEKアテネ
2021-2022 サウジアラビアの旗 アル・イテファク
1. 国内リーグ戦に限る。2021年3月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

選手歴編集

アランジェロヴァツに生まれ、1986年から1989年にかけてレッドスター・ベオグラードの下部組織に在籍した。1989年にFKベチェイ1918で選手となり、翌年FKラドニチュキ・ベオグラードに移籍、ダルコ・テショヴィッチズデンコ・ムフらとプレーした。

1993年夏にムフとともにPASヤニナFCに移籍[1]。その後カラマタFCに移籍したが、ここでもムフとはチームメイトであった。

1996年始に下部組織時代を過ごしたレッドスター・ベオグラードに移籍。しかし半年でギリシャに戻りアポロン・スミルニFCに加入した。翌シーズンパナシナイコスFCに移籍した[2]。その後、イラクリス・テッサロニキFCアクラティトスFCを経て再びアポロン・スミルニに所属し選手を引退した。

監督歴編集

選手引退後はイラクリス・テッサロニキFCやレッドスター・ベオグラードの下部組織に指導者として在籍した。2010-11シーズンにはレッドスター・ベオグラードのU-18チームで優勝を記録している。

2011年6月にFKヤヴォル・イヴァニツァの監督に就任したが、3ヶ月で辞任した。

2012年2月にFKチュカリチュキの監督に就任すると、セルビア・プルヴァ・リーガに所属していた同クラブを翌年にセルビア・スーペルリーガに昇格させた[3]。更に2015年にはセルビア・カップを制した[4]。しかし同年10月に双方合意で契約解除[5]

翌11月にオモニア・ニコシアの監督に就任[6]。翌年5月に退任した[7]。同年8月にパニオニオスFCの監督に就任[8]。しかしここも1シーズンで退任した。

2017年6月に古巣レッドスター・ベオグラードの監督に就任。初年度となった2017-18シーズンにセルビア・スーペルリーガで優勝、UEFA主催大会でもUEFAヨーロッパリーグ予選敗退が続いていた中でUEFAヨーロッパリーグ 2017-18 決勝トーナメントに進出した。翌シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ 2018-19 グループリーグに進出、ホームゲームで優勝したリヴァプールFCを2-0で撃破する大番狂わせを演出した[9]。2019-20シーズンもUEFAチャンピオンズリーグ 2019-20 グループリーグに進出、リーグでも好調であったが、12月19日に辞任を発表した[10]

2020年2月28日に1年半契約でアル・アハリ・ジッダの監督に就任[11]。しかし翌年AEKアテネFCの監督に就任した。

2022年1月21日、アル・イテファクの監督に就任した[12]

家族編集

息子のネマニャ・ミロイェヴィッチ[13]、兄のゴラン・ミロイェヴィッチ[14]、甥のステファン・ミロイェヴィッチもサッカー選手[15]

タイトル編集

選手編集

レッドスター・ベオグラード

監督編集

チュカリチュキ
レッドスター・ベオグラード

個人編集

  • セルビア・スーペルリーガ最優秀監督賞: 2017-18[16], 2018-19
  • セルビア最優秀監督賞: 2017, 2018

参考文献編集

  1. ^ Foreign Players in Greece 1999/00-2001/02”. rsssf.com. 2018年11月23日閲覧。
  2. ^ Από τον Βλάνταν στον Μπουμσόνγκ” (ギリシア語). leoforos.gr (2010年7月27日). 2010年12月15日閲覧。
  3. ^ Čukarički dobija novog vlasnika” (セルビア語). mondo.rs (2012年2月7日). 2018年11月23日閲覧。
  4. ^ Čukarički make history with Serbian Cup success”. uefa.com (2015年5月20日). 2018年11月23日閲覧。
  5. ^ Milojević posle Partizana napušta Čukarički” (セルビア語). b92.net (2015年10月2日). 2018年11月23日閲覧。
  6. ^ Ομόνοια: Και επίσημα Μιλόγεβιτς” (ギリシア語). sigmalive.com (2015年11月11日). 2017年4月27日閲覧。
  7. ^ Ομόνοια: Τέλος κι επίσημα” (ギリシア語). kathimerini.com.cy (2016年5月19日). 2017年4月27日閲覧。
  8. ^ Ανακοίνωση ΠΑΕ ΠΑΝΙΩΝΙΟΣ ΓΣΣ” (ギリシア語). panioniosfc.gr (2016年8月11日). 2017年1月11日閲覧。
  9. ^ Crvena zvezda-Liverpool 2019 History | UEFA Champions League”. UEFA.com. 2019年12月20日閲覧。
  10. ^ Red Star Belgrade manager quits with team top of league”. www.msn.com. 2019年12月20日閲覧。
  11. ^ VLADAN OD ARABIJE: Milojević zvanično trener Al Ahlija u kome nastupa Marin! Zvezdin tandem ponovo na okupu” (セルビア語). kurir.rs (2020年2月28日). 2020年2月28日閲覧。
  12. ^ Martin Boyle Joins Al-Faisaly” (英語). Hibernian FC. 2022年2月3日閲覧。
  13. ^ Sin Vladana Milojevića tema dana u Atini: Zašto sam izabrao Grčku i šta mi je otac sve rekao zbog toga (VIDEO)” (セルビア語). telegraf.rs (2018年4月18日). 2018年10月22日閲覧。
  14. ^ JAVIO SE BRAT VLADANA MILOJEVIĆA: Iz Zvezde prešao u Partizan, a sada je jedini srpski trener u ligi Crne Gore!” (セルビア語). espreso.rs (2018年10月11日). 2018年10月22日閲覧。
  15. ^ Vladan Milojević”. transfermarkt. 2021年6月2日閲覧。
  16. ^ A ko drugi?” (セルビア語). mozzartsport.com (2018年5月14日). 2018年5月15日閲覧。

外部リンク編集