ヴラディミル・ユーゴヴィッチ

セルビアのサッカー選手

ヴラディミル・ユゴヴィッチセルビア語: Владимир Југовић, ラテン文字転写: Vladimir Jugović1969年8月30日 - )は、セルビア(旧ユーゴスラビア)の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

ヴラディミル・ユゴヴィッチ Football pictogram.svg
名前
愛称 ユガ(Југа, Juga)
ラテン文字 Vladimir Jugović
キリル文字 Владимир Југовић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1969-08-30) 1969年8月30日(53歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 トルステニク
身長 179cm
体重 76kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 62 (11)
1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ラド(Loan) 16 (7)
1992-1995 イタリアの旗 サンプドリア 81 (18)
1995-1997 イタリアの旗 ユヴェントス 56 (8)
1997-1998 イタリアの旗 ラツィオ 27 (2)
1998-1999 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 17 (3)
1999-2001 イタリアの旗 インテル 38 (3)
2001-2003 モナコの旗 モナコ 19 (0)
2003-2004 オーストリアの旗 アドミラ・ヴァッカー・メードリング 25 (3)
2004-2005 ドイツの旗 アーレン 19 (2)
代表歴
1991-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 4 (1)
1994-2002 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 37 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

人物編集

中盤のポジションはサイド、センターと、どこでもこなすユーティリティープレーヤー。リッピやエリクソンといった監督に高く評価され、重宝された選手である。

1989年レッドスター・ベオグラードへ入団。リーグ3連覇や1990-91シーズンのUEFAチャンピオンズカップ制覇に貢献。1991年8月8日の対チェコスロバキア戦で代表デビューを果たし、同年のトヨタカップコロコロ戦では2得点を挙げ、世界王者のタイトルとMVPを獲得した[1][2]

1992-93シーズンにセリエAサンプドリアへ移籍。セリエAの開幕戦のラツィオ戦で直接FKからゴールを決めるセリエAデビュー[3]、同試合から3試合連続ゴールを決めるなど、リーグ戦ではシーズン9ゴールを挙げた[3]。1993-94シーズンにはコッパ・イタリアでの優勝に貢献するなど、チームの中心選手として活躍を見せると、高く評価していたリッピが獲得を希望し、1995-96シーズンにはユヴェントスへ移籍を果たし[4]、その年のチャンピオンズ・カップ準決勝、ナント戦の1stレグでゴールを決め勝利に貢献[5]、決勝のアヤックス戦ではPK戦で最後のキッカーとしてPKを成功させて、ユベントスは優勝を果たした[6] 、また同年のトヨタカップでは先発出場し、リーベルプレートを破り2度目の優勝[2]、1996-97のセリエA優勝のタイトル獲得するなど、ユーベで重要な役割を果たし[7]、リッピは活躍を高く評価していたが[8]、フロント陣によりラツィオに売却された。

サンプドリア時代の監督エリクソンが獲得を望み[9] 、1997-98年ラツィオに移籍、コッパ・イタリア決勝、ACミラン戦の2ndレグでゴールを決め優勝に貢献[5]、1998-99年にはサッキ監督のアトレティコ・マドリードに移籍したが、足首の負傷で満足のいくシーズンを過ごせなかった[8]1998年フランスW杯ではユーゴスラビア代表として出場し、4試合にフル出場[10]、チームのベスト16に貢献。

1999-2000シーズン、リッピ監督から誘われ[8]インテルで2シーズンプレー、怪我に苦しみ常時出場が出来なかった[7]。2000年のユーロ直前に代表復帰し、ユーロ2000では4試合全てに出場した[10]。2001-02シーズン、ユベントス時代のチームメートであったデシャンが率いるASモナコでプレーし、リーグカップ優勝に貢献した。2002年2月13日のメキシコ戦で代表最後の出場を果たした[10]。その後FCアドミラ・ヴァッカー・メードリングを経て、ブンデスリーガ2部のクラブチーム・LRアーレンで現役を引退した。

タイトル編集

レッドスター・ベオグラード
UCサンプドリア
ユヴェントスFC
SSラツィオ
ASモナコ

脚注編集

  1. ^ FIFA CLUB WORLD CUP の歴史”. NTV. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ a b トヨタカップで2度の優勝を飾ったユーゴビッチ -Goal
  3. ^ a b Jugovic all goals”. transfermarket. 2021年3月10日閲覧。
  4. ^ Calciatori ‒ La raccolta completa Panini 1961-2012. Vol. 12 (1995-1996). Modena. Panini. 2012. p. 10. |volume=にvol.など余分の文字が入力されています。 (説明)
  5. ^ a b Che fine ha fatto? Jugovic, dal rigore che valse la Champions al Raiola serbo -Calciomercato
  6. ^ [1] Romeo Agresti. Goal.com: Jugovic: I entered into Juventus legend with Champions League winner (英語). June 2, 2017. Retrieved May 27, 2018.
  7. ^ a b JUGOVIC, Vladimir-Treccani
  8. ^ a b c 週刊サッカーダイジェスト 1999年10月13日 pno.488 p.152-155
  9. ^ Jugovic, o coadjuvante que ganhou quase tudo na Itália-Calciop
  10. ^ a b c Jugovic National team”. transfermarket. 2021年3月10日閲覧。

外部リンク編集