ヴルフヒルト・フォン・ザクセン

ヴルフヒルト・フォン・ザクセン(ドイツ語:Wulfhild von Sachsen, 1072年 - 1126年12月29日)は、ザクセン公マグヌスの長女。

ヴルフヒルト・フォン・ザクセン
Wulfhild von Sachsen
Wgt Stifterbüchlein 29r.jpg

出生 1072年
死去 1126年12月29日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
バイエルン公領、ヴァインガルテン修道院
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
バイエルン公領、ヴァインガルテン修道院
配偶者 バイエルン公ハインリヒ9世
子女 ハインリヒ10世
ユーディト
コンラート
ゾフィー
マティルデ
ヴェルフ6世
ヴルフヒルト
家名 ビルング家
父親 ザクセン公マグヌス
母親 ゾフィー・フォン・ウンガルン
テンプレートを表示

バイエルン公ハインリヒ9世(黒公)と結婚した[1]。この結婚によりビルング家の所領の一部がヴェルフ家の手に渡った。2人の間には以下の子女が生まれた。

ヴルフヒルトは1126年に死去し、ヴァインガルテン修道院に埋葬された。

脚注編集

参考文献編集

  • The New Cambridge Medieval History. Cambridge University Press. (2006)