ヴロツワフポーランド語: Pl-Wrocław.ogg Wrocław[ヘルプ/ファイル]ドイツ語: Breslau ブレスラウハンガリー語: Boroszló ボロスロー)は、ポーランド西部にある第4の都市で、ドルヌィ・シロンスク県の県都。歴史的にシロンスク地方の中心都市で[2]、ポーランドの中でも最も古い都市のひとつである。市内にはオドラ川とその支流が流れ、200以上の橋が架かっている。

ヴロツワフ

Wrocław
Skyline of ヴロツワフ
ヴロツワフの旗
ヴロツワフの紋章
紋章
ヴロツワフの位置(ポーランド内)
ヴロツワフ
ヴロツワフ
北緯51度6分36秒 東経17度1分20秒 / 北緯51.11000度 東経17.02222度 / 51.11000; 17.02222
ポーランドの旗 ポーランド
ドルヌィ・シロンスク県
行政
 • 市長 ラファウ・ドゥトキェヴィチ (Rafał Dutkiewicz)
面積
 • 都市 293km2
最高標高
155m
最低標高
105m
人口
(2019年)
 • 都市 642,869 増加 (4th)[1]
 • 都市圏
1,164,600人
郵便番号
50-001 - 54-705
市外局番 (+48) 71
ナンバープレート DW
ウェブサイト www.wroclaw.pl

ヴロツワフは歴史上、様々な国(ポーランド王国、オーストリア帝国ドイツハンガリープロイセンボヘミア)の一部となっていたが、1945年(第二次世界大戦後)にポーランド領となった。

ヴロツワフは、UEFA欧州選手権2012開催都市の一つとなった。また、2016年には欧州文化首都となり[3]、2017年にはワールドゲームズ2017の開催地にもなった。

歴史編集

中世編集

10世紀の記録によると、ヴロツワフはボヘミアの拠点であった。

ヴロツワフの建設編集

ヴロツワフはボヘミアブラチスラフ1世英語版(在位915年 - 921年)によって建設された。

ポーランド・ピャスト朝編集

990年頃、他のシロンスク地方の都市とともにポーランド公国1025年よりポーランド王国となる)に属し、ミェシュコ1世ボレスワフ1世(勇敢王)時代のピャスト朝の支配下に入っていた。当初、開拓の中心地はオドラ川の中洲にあった。

西暦1000年グニェズノ会談において、神聖ローマ皇帝オットー3世とボレスワフ勇敢王がカトリック教区の設置を決めた(Roman Catholic Archdiocese of Gniezno)。その後まもなくヴロツワフに最初の司教座が置かれた。10世紀にはすでに都市は建設されていたが、公式には西暦1000年がヴロツワフ建設の年として見なされ、2000年には都市建設1000年が祝われた。11世紀にはポーランド王国に2箇所あった貨幣鋳造所の一つが設立され(もう1箇所は当時の王国首都クラクフに設立された)、ポーランド王国の金融産業の一大中心地となった。

ボヘミア・ハプスブルク期編集

 
15世紀のヴロツワフ
 
18世紀のヴロツワフ

13世紀にはモンゴル帝国の侵略を受け、ポーランドではシュラフタ(ポーランド貴族)が乱立し、14世紀始めにヴワディスワフ1世のもとでポーランド王国が統一されたが、シロンスク地方のヴロツワフは王国から離脱した。14世紀にはポーランド王カジミェシュ3世(大王)がシロンスク地方のボヘミア王国による支配を黙認した。それでもこの一帯ではポーランドの古い王家ピャスト家の分家であるシロンスク・ピャスト家がこの地方の領主として存続した。 1386年リトアニア大公国の大公ヨガイラのもとでリトアニア、ボヘミア、ポーランド、ハンガリーの王朝であるヤギェウォ朝が誕生した。1675年にシロンスク・ピャスト朝の最後の嫡男イェジ・ヴィルヘルムが死ぬと、この土地の君主家からポーランド王国との男系の血縁が途絶え、ヴロツワフを含む一帯は相続によりオーストリアハプスブルク家の手に渡った。

近代編集

1740年 - 1748年オーストリア継承戦争の結果、https://e-trel.plプロイセン王国の領土となるhttps://e-trel.pl。1945年まではドイツの一部であったが、同国の第二次世界大戦敗戦に伴い、ヴロツワフはポーランド領となった。第二次世界大戦においてドイツ軍ソ連軍の激しい戦闘で歴史地区の大半が破壊されたが[4]、戦後残っていた資料を元にポーランド市民の手によって正確に復元された[5]

地理編集

ポーランドの首都ワルシャワから西南へ約350キロ、シロンスク地方の中心地。

気候編集

ヴロツワフの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 19.7
(67.5)
20.1
(68.2)
25.4
(77.7)
32.0
(89.6)
33.9
(93)
38.0
(100.4)
39.0
(102.2)
37.7
(99.9)
34.9
(94.8)
28.1
(82.6)
20.9
(69.6)
17.7
(63.9)
39.0
(102.2)
平均最高気温 °C°F 3.0
(37.4)
4.3
(39.7)
9.0
(48.2)
14.5
(58.1)
20.0
(68)
22.8
(73)
24.6
(76.3)
24.3
(75.7)
19.9
(67.8)
14.4
(57.9)
7.7
(45.9)
3.9
(39)
14.0
(57.2)
日平均気温 °C°F −0.5
(31.1)
0.4
(32.7)
4.2
(39.6)
9.9
(49.8)
14.9
(58.8)
18.2
(64.8)
19.9
(67.8)
19.5
(67.1)
15.2
(59.4)
10.0
(50)
4.7
(40.5)
0.9
(33.6)
9.8
(49.6)
平均最低気温 °C°F −3.7
(25.3)
−2.8
(27)
0.2
(32.4)
5.2
(41.4)
10.0
(50)
14.4
(57.9)
15.3
(59.5)
15.2
(59.4)
11.2
(52.2)
5.9
(42.6)
2.3
(36.1)
−2
(28)
5.9
(42.6)
最低気温記録 °C°F −30
(−22)
−29.4
(−20.9)
−22.1
(−7.8)
−6.3
(20.7)
−3.1
(26.4)
1.1
(34)
4.7
(40.5)
2.9
(37.2)
−2
(28)
−6
(21)
−15.4
(4.3)
−22.7
(−8.9)
−30
(−22)
降水量 mm (inch) 34
(1.34)
32
(1.26)
39
(1.54)
38
(1.5)
54
(2.13)
69
(2.72)
75
(2.95)
65
(2.56)
43
(1.69)
38
(1.5)
41
(1.61)
38
(1.5)
566
(22.28)
平均降水日数 14 12 12 10 13 12 14 13 11 13 15 12 151
湿度 81 84 76 69 66 70 71 71 75 78 83 85 76
平均月間日照時間 59 68 117 169 221 225 223 217 151 118 54 44 1,670
出典:http://www.stat.gov.pl/cps/rde/xchg/gus

経済編集

 
中央広場

2017年、ヴロツワフで生み出されたGDPの価値は555億ズウォティに達し、ポーランドのGDPの2.8%を占めた。 一人当たりのGDPはポーランドの中で高い水準にある。2019年9月、ヴロツワフの失業率は1.6%だった。

1832年、ヴロツワフにMaschinenbauanstalt Breslau工場(機械製造工場)が設立された。車両生産、後にリンケ・ホフマン・ヴェルケと改名。戦後、ポーランドの主要な車両生産者の1つである、国営車両工場として国有化された。 2001年以来、旧国営車両工場は、ボンバルディアトランスポーテーションポルスカとしてボンバルディアの懸念の一部となっている。さらに、第二次世界大戦まで、クジニキと後にブディッチにスモッシュワー狭軌車両工場があった。

1952年にZakładyMetalowe「Zakrzów」がZakrzówで設立され、モペットと冷蔵庫の製造を扱った後、ZakładyMetalowePolarに変身し、家電製品を製造し、現在はワールプールの懸念の一部となっている洗濯機と冷蔵庫のポーランドの主要メーカーとなっている。

1918年以来、長年にわたってさまざまな名前で市内で非鉄金属製錬所が操業してきた。 1961年から「ハットメン」と呼ばれている。金属産業で活動しているもう1つの企業は、1946年に設立された「Centrozłom」で、金属くずの処理を扱っている。

FAT-Hacoは自動旋盤を製造し、鋼元素の処理を扱っている。 Wabco工場は車のブレーキを生産し[94]、Bumar-Fadroma工場は掘削機を生産している。市内で2番目の掘削機メーカーはボルボ工場で、同じブランドのバスも製造している。

共産主義の時代に設立されたポレナヴロツワフは、現在E&SインダストリーS.Aである。ブランド名Eで粉末洗剤を製造している。

ヴロツワフには製薬工場がある。そのうちの1つは、1984年に設立され、医薬品、医療機器、栄養補助食品、化粧品を製造しているHasco-Lekである。 Gallena Pharmaceutical Labor Cooperativeは、70年以上にわたってここで活動しており、医薬品、栄養補助食品、化粧品を製造している。さらに、US PharmaciaLekiはヴロツワフに拠点がある。ハーブ産業は、主に1952年に設立されたHerbapolWrocławSA社が中心である。

ヴロツワフには、航空を含む動力油圧を生産するプラント「PZL-Hydral」があったが、2011年に閉鎖された。 2012年、アメリカのUTC Aerospace Systemsは、Hydral地域に研究開発センターを開設した。

教育編集

 
ヴロツワフ大学

ヴロツワフはポーランド有数の大学都市で、約15万人の学生が住む。公立大学は次のとおり。

  • 1702年に設立されたヴロツワフ大学
  • 1910/1945年に設立されたヴロツワフ科学技術大学(1910年からのドイツ工科大学の合併)。
  • 医科大学1950年に設立されたPiastówŚląskich(旧医学アカデミー)には、1811年にまでさかのぼる教育の伝統がある。
  • 1947年に設立されたヴロツワフ経済大学
  • 1951年に設立された生命科学大学(旧農業大学)。
  • 1950年に設立された体育アカデミー。
  • 美術アカデミーEugeniuszGeppertは1946年に設立。
  • 音楽アカデミーカロル・リピンスキは1948年に設立。
  • 陸軍アカデミーは2002年に設立。
  • 演劇芸術アカデミークラクフのスタニスワフヴィスピアンスキ(ヴロツワフの演技部門と人形劇部門)。

交通編集

 
ヴロツワフ中央駅

鉄道交通の要衝の一つであり、国際空港もある。

姉妹都市編集

出身著名人編集

画像編集

ヴロツワフ

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Local Data Bank”. Statistics Poland. 2019年6月1日閲覧。 Data for territorial unit 0264000.
  2. ^ 『地球の歩き方 2017〜18 チェコ/ポーランド/スロヴァキア』ダイヤモンド・ビッグ社、2017年、305頁。ISBN 978-4-478-06043-8
  3. ^ http://www.wro2016.pl/
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]

関連項目編集

外部リンク編集