メインメニューを開く
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

(イーカートン,英語: iPASS,アイパス) は中華民国台湾)で使用されている非接触型ICカードである。発行は一卡通公司中国語版が行っている。名称は「一卡在手,讓你四通八達1枚のカード(=)を持てば、四八達に行動できる)というキャッチコピーにちなんでいる。

一カー通
各種表記
繁体字 一卡通
拼音 Yì kǎ tōng
注音符号 ㄧˋ ㄎㄚˇ ㄊㄨㄥ
発音: イーカートン
台湾語白話字 It khah thang
英文 iPass
テンプレートを表示

目次

概要編集

2007年12月に高雄捷運公司が発行開始、2008年4月7日に高雄捷運紅線開通とともに正式に運用開始した。台湾での他の電子マネーIC乗車カード)と同じく、センサーはRFID技術(NXPセミコンダクターズ社によるMifare技術)を使用している。2014年2月13日に一卡通公司が発足後、高雄捷運公司からカード業務を引き継ぎ、交通機関以外での小額決済や、南部を中心とした自治体での市民カード、学生証、図書館での貸出証にも役割を拡大している。現存する台湾の4大電子マネー(IC乗車カード)のうち、発行枚数は3番手であるが、近年急速に勢力を伸ばし、2016年8月に1,000万枚を突破している。 台湾バス、旗津-鼓山間などの連絡船でも使用できる。購入およびチャージ(入金)は、高雄捷運各駅窓口や台湾のファミリーマートハイ・ライフセブンイレブンサークルK(OK便利店)で可能、また各駅構内設置の乗車券販売機でも、チャージは可能である。 使用期限は基本的に10年位に設定されている。そのため、最終チャージ日より10年以内に一度はチャージを行うように呼びかけている。

主な種類編集

  • 普通卡:外国人旅行者も入手・使用できる無記名式と学生専用の記名式もある。
  • 通勤卡:高雄捷運のほか、中南部のバス事業者が発行している。通常のIC割引よりもさらに割引率が高い
  • 認同卡:30日間有効の記名式学生IC定期券の通学版と無記名式も可能な通勤版がある。
  • 聯名卡:金融機関発行のクレジットカード紐付けタイプで記名式。
  • 市民卡:高齢者・障害者への福祉割引が適用される記名式。
  • 特製卡:自社キャラクターの魔法少女小帕、親会社捷運公司の公式キャラクターである高捷少女のほか日本のアニメキャラクター、アメリカの映像作品のキャラクターなど多彩なデザインだけでなく、キーホルダー型、ストラップ型、伸縮ワイヤー型、リストバンド型など形状も豊富である。
  • QR型:2018年9月3日LINE Pay一卡通を正式開放。公共交通機関はこの時点では高雄捷運のみ対応[1]

購入編集

  • 高雄捷運各駅
  • 台北捷運各駅
  • 桃園捷運各駅
  • 各コンビニエンスストア
  • 高雄市(本社、後驛駅)・台中市(国光客運台中站)・台北市(市府転運站)にある一卡通服務中心
  • 主なバスターミナル
  • オンライン

チャージ編集

  • 台鉄各駅窓口(紙幣のみ、即ち100元単位)
  • 台北捷運各駅(紙幣、硬貨とも)
  • 高雄捷運各駅(紙幣、硬貨とも)
  • 桃園捷運各駅(紙幣、硬貨とも)
  • 各大手コンビニ(紙幣、硬貨とも)
  • 各地の一卡通服務中心

利用編集

2017年3月現在

使用範囲も参照
太字は一卡通のみの特典

鉄道編集

 
台北捷運の改札口に設置されていた悠遊カードと一カー通のタッチセンサー
  • 2017年12月~2018年2月まで、平日の6:30~8:30、及び16:30~18:30までの間の乗車に限り、無料
  • 高雄市公車との双方向乗継割引(3元)→2017年6月15日で廃止[2]
  • 高雄LRTは2017年11月中は10元の優待運賃、2017年12月~2018年2月は無料
  • 台北・新北の市内バスと双方向で乗り継ぐ場合は割引
  • 猫空ロープウェイは利用できない。
台鉄の同区間は太魯閣号普悠瑪号観光列車、団体列車等の一部台鉄が指定する列車を除いて、特急に相当する自強号に乗車する場合、70kmまでの乗車であれば区間車(通勤電車)の1割引の運賃で立席乗車が可能となる(71km以上の場合は超過分に対して自強号の運賃を適用)。莒光号区間車の場合は距離に関係なく区間車(通勤電車)運賃の1割引となる。
但し、誤って乗車した場合は下車駅で正規運賃を現金で支払わなければならない。太魯閣号、普悠瑪号の場合は罰金も科される。
基本的に自強号、莒光号、そして区間車と同じ料率の復興号も全車座席指定席列車のため、IC乗車の場合は空席があれば着席可能だが、あくまで自願無座(立席)扱いであるため座位票(座席指定券)所持者が優先となる。
  • 台南地区で台鉄とバスを乗り継ぐ場合、バスが9元引き
  • 花蓮台東地区で台鉄とバス(鼎東客運、花蓮客運)を乗り継ぐ場合、バスが24元引き
対応予定

バス編集

市轄・県轄バス編集

澎湖県を除く全国の市区公車

公路客運(市外・長距離バス)編集

一般公路客運(市外バス)編集

  • 皇家客運中国語版豪泰客運中国語版を除く全事業者(一部利用できない国道客運系統がある)。
  • 高雄エリア管内(高雄市公車のうち旧高雄県轄公車だった現在も4桁系統のもの) - 12元割引、上限は60元

国道公路客運(高速バス)編集

全国の観光路線バスの大半(台湾好行中国語版

連絡船編集

  • 鼓山(西子湾)⇔旗津、前鎮⇔中洲(旗津区) - 普通卡は2割引、学生卡は2.5割引
  • 愛河太陽能船

レンタサイクル編集

ガソリンスタンド編集

  • 全店

駐車場編集

電子マネーでの利用編集

通信編集

コンビニエンスストア編集

小売店編集

娯楽編集

ショッピングモール編集

観光地編集

医療機関編集

  • 高雄市立聯合医院
  • 高雄市立凱旋医院
  • 高雄市立民生医院
  • 高雄市立中医医院
  • 台南市立医院

ホテル編集

  • CHECK INN(雀客旅館・台北市):ルームキーとして利用可能で、チェックアウト後は普通卡同様に交通機関や小額決済で引き続き利用できる[6]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

繁体字中国語(Big5フォントが必要)

  • 残高・履歴照会用アプリ