メインメニューを開く

一ノ瀬 正樹(いちのせ まさき、1957年12月 - )は、日本哲学者東京大学名誉教授、武蔵野大学グローバル学部教授。オックスフォード大学 オノラリー・フェロー[1]兼任。

経歴編集

茨城県土浦市出身。茨城県立土浦第一高等学校卒。黒田亘の指導のもと、1981年東京大学文学部哲学科卒、1984年同大学院人文科学研究科修士課程修了、1988年同博士課程単位取得満期退学。1991年東洋大学文学部専任講師、1994年同助教授、1995年東京大学大学院人文社会系研究科助教授。1997年11月「人格知識論の生成-ジョン・ロックの瞬間」で東京大学・博士(文学)、1998年『人格知識論の生成』で和辻哲郎文化賞および中村元賞受賞。2002 - 2003年オックスフォード大学客員研究員、2007年1月より東京大学人文社会系研究科教授。2018年3月に東京大学退官、名誉教授。2018年4月より武蔵野大学グローバル学部教授。

ジョン・ロックデイヴィッド・ヒュームなどイギリス経験論哲学の研究からはじまり、近年は因果、人格、確率などをめぐり独自の哲学を展開している。また、東日本大震災以後、福島問題にも発言している。

著書編集

  • 『人格知識論の生成――ジョン・ロックの瞬間』東京大学出版会、1997年
  • 『原因と結果の迷宮』勁草書房、2001年
  • 『原因と理由の迷宮――「なぜならば」の哲学』勁草書房、2006年
  • 『功利主義と分析哲学――経験論哲学入門』日本放送出版協会、2010年/増訂版『英米哲学史講義』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2016年
  • 『死の所有――死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学』東京大学出版会、2011年
  • 『確率と曖昧性の哲学』岩波書店、2011年 
  • 『放射能問題に立ち向かう哲学』筑摩書房〈筑摩選書〉、2013年 
  • 『英米哲学入門――「である」と「べき」の交差する世界』ちくま新書、2018年

共編著編集

  • 『真理への反逆――知識と行為の哲学』(河本英夫共編)富士書店、1994年
  • 『医と法をめぐる生死の境界――「死生学」第5巻』(高橋都共編)東京大学出版会、2008年
  • 『ヒトと動物の死生学――犬や猫との共生、そして動物倫理』(新島典子共編)秋山書店、2011年 
  • 『低線量被曝のモラル』(伊東乾影浦峡児玉龍彦島薗進、中川恵一共編著)河出書房新社、2012年
  • 『東大ハチ公物語――上野博士とハチ、そして人と犬のつながり』(正木春彦共編)東京大学出版会、2015年
  • 『福島はあなた自身――災害と復興を見つめて』(早野龍五、中川恵一共編)福島民報社、2018年 

近年のおもな論文編集

・「「音楽化された認識論」の展開 -リフレイン、そしてヴァリエーションへ-」『論集』第31号、東京大学大学院人文社会系研究科哲学研究室、2013年

・「断章 いのちは切なし――人と動物のはざま――」『哲学雑誌』第130巻第802号収録、2015年

・"A Philosophical Inquiry into the Confusion over the Radiation Exposure Problem". Journal of Disaster Research Vol. 11 No. sp. 2016

・"The Death Penalty Debate: Four Problems and New Philosophical Perspectives". Journal of Practical Ethics Vol. 5 No. 1. 2017

・"Normativity, probability, and meta-vagueness". Synthese Vol. 194 Issue 10. 2017

翻訳編集

講演編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ : Honorary FellowHonorary Fellows | The Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics” (英語). www.practicalethics.ox.ac.uk. 2018年6月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集