メインメニューを開く
現在の「いちまる」及び「モードスクエアいちまる」 現在の「いちまる」及び「モードスクエアいちまる」
現在の「いちまる」及び「モードスクエアいちまる」

一丸デパート(いちまるデパート)は、かつて大分県大分市の竹町商店街(1994年にガレリア竹町に改称)に存在した百貨店である。現在はガレリア竹町で服飾販売店「いちまる」として営業している。

目次

概要編集

江戸時代から続く老舗の呉服店であったが、明治時代に入ると洋品店に転業。さらに昭和時代に入ると、4代目一丸伍兵衛が資本金35万円で株式会社一丸を設立し、1934年(昭和9年)10月に大分県初の百貨店となる一丸デパートを開店した[1]

開店当初の一丸デパートは木骨二重防火コンクリート構造4階建で、エレベータが1基設置されていた[2]。各階の売り場は以下の通りであった[1]

  • 屋上 - 子供用娯楽施設
  • 4階 - 食堂・催事場
  • 3階 - 洋服・玩具・家具・履物
  • 2階 - 婦人服・子供服・呉服
  • 1階 - 食料品・文房具・化粧品

一丸デパートは翌1935年(昭和10年)10月に開店したトキハと激しい競争を繰り広げた。太平洋戦争が始まると、経済統制の元で一丸デパートとトキハは合併を指示されたが、一丸デパートはこれを拒否して1943年(昭和18年)9月に廃業。建物は1945年(昭和20年)7月の大分空襲で全焼した[1]

戦後、服飾販売店「いちまる」として竹町商店街にて営業を再開し、現在は「いちまる」及び「モードスクエアいちまる」として営業している。

沿革編集

  • 1692年(元禄5年) - 一丸呉服店として創業。
  • 1873年(明治5年) - 洋品・雑貨店へと転換。
  • 1934年(昭和9年)10月 - 大分市竹町に一丸デパート開店。
  • 1937年(昭和12年) - 増築。
  • 1943年(昭和18年)3月 - 大分市の百貨店トキハとの合併を発表。新店名は「ヤマトデパート」。
  • 1943年(昭和18年)9月 - 一丸の意向で合併が白紙となり、一丸デパート廃業。商品と従業員は全てトキハへ、建物は海軍航空廠へと移る。
  • 1945年(昭和20年)7月 - 大分空襲により一丸デパート旧本館焼失。
  • 1946年(昭和21年) - 服飾販売店「いちまる」として竹町商店街にて営業再開。

脚注編集

  1. ^ a b c デパート 商店街とデパートの競争”. 2002年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月4日閲覧。 大分歴史事典(大分放送)
  2. ^ 市報おおいた 平成23年7月1日号 (PDF)

外部リンク編集