メインメニューを開く

一力 一夫(いちりき かずお、1925年大正14年)9月8日 - 2014年平成26年)7月20日)は、日本の実業家ジャーナリスト河北新報社社主

人物編集

河北新報社元社長である一力次郎の長男として宮城県仙台市に生まれる[1]

1950年(昭和25年)河北新報入社。編集局長時代には自らが隊長となり同行記者3名と共に、「人類初の地球縦断大ドライブ」を敢行。それにより日本新聞協会ボーン・上田記念国際記者賞を受賞する。1970年(昭和45年)には、父の逝去により社長・社主に就任する。その後、東北放送社長就任に伴い、会長・社主に就任した[2]

日本相撲協会横綱審議委員会委員(1988年-2001年)としても著名であり、第8代の委員長(1999年-2001年)も歴任した。

囲碁、将棋、空手、柔道、剣道、弓道、すべて高段者である[1]

夫人との間に2男、1女。長男である一力雅彦は河北新報社社長を務め、次男である一力敦彦は、東北放送社長を務める。

2014年7月20日午前4時50分、仙台市内の病院で88歳で死去。

略歴編集

栄典編集

主な著作編集

  • 『西欧移動特派員』 河北新報社、1958年。
  • 『地球縦断ドライブ』 文藝春秋新社、1961年。
  • 『ひとすじの道 社長就任まで』 河北新報社、1970年。
  • 『実践新聞論 東京大学新聞研究所講義録』 河北新報社、1984年。

脚注編集

  1. ^ a b 『豪閥 地方豪族のネットワーク』
  2. ^ 創刊百周年記念事業委員会編 『河北新報の百年』河北新報社、 1997年。
  3. ^ “一力一夫氏死去 河北新報社社主、元横審委員長 88歳”. 産経新聞. (2014年7月20日). オリジナルの2014年7月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140720131238/http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140720/mrt14072013590002-n1.htm 2014年7月21日閲覧。 
  4. ^ “一力一夫河北新報社社主が死去、88歳”. 河北新報. (2014年7月20日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140720_13034.html 2014年7月21日閲覧。 
  5. ^ “仙台市名誉市民”. 仙台市. http://www.city.sendai.jp/shisei/meiyoshimin.html#7 2014年7月21日閲覧。 

参考文献編集