メインメニューを開く

一子相伝(いっしそうでん)とは、学問や技芸などの師が、その奥義、秘法、本質を自分の子どもの中のひとりにだけ伝えて、他の者には秘密にすること。[1]。類語に、特別な技術などが一つの家に代々伝わっていることを示す「一家相伝」(いっかそうでん)がある[2]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 精選版 日本国語大辞典
  2. ^ 大辞林 第三版