メインメニューを開く

一条 実良(いちじょう さねよし)は、江戸時代後期の公卿左大臣一条忠香の子。官位従一位右大臣一条家23代当主。法号は華厳光寺。昭憲皇太后明治天皇皇后)の異母兄。

 
一条実良
時代 江戸時代後期
生誕 天保6年2月28日1835年3月26日
死没 慶応4年4月24日1868年5月16日
別名 号:華厳光寺
官位 従一位右大臣
主君 孝明天皇明治天皇
氏族 一条家
父母 父:一条忠香、母:一条順子
兄弟 実良、明子、美子
養兄弟:美賀子千代
正室:近衛総子近衛忠煕の娘)
良子、亨子、養子:忠貞
テンプレートを表示

横浜港の閉鎖などを建言する。慶応3年(1867年)12月に王政復古の大号令が発せられ、公武合体派であることを理由に参内を停止された。

経歴編集

嘉永元年(1848年8月7日に叙従三位安政5年(1858年)に権大納言となる。文久2年(1862年)に国事御用掛となる。

慶応3年(1867年)に右大臣となる。同年11月13日に叙従一位

慶応4年(1868年)、薨去。享年34。

系譜編集