メインメニューを開く
 
一条忠香
時代 江戸時代後期
生誕 文化9年2月13日1812年3月25日
死没 文久3年11月7日1863年12月17日
別名 号:後大勝寺
官位 従一位左大臣
主君 仁孝天皇孝明天皇
氏族 一条家
父母 父:一条忠良、母:細川富子(細川斉茲の娘)
養父:一条実通
兄弟 実通忠香久我建通秀子、知君、通子、崇子など
正室:一条順子伏見宮邦家親王第二王女)
側室:新畑民子(一条家典医の娘)
実良、明子、美子
養子:美賀子輝子
テンプレートを表示

一条 忠香(いちじょう ただか)は、江戸時代後期の公卿関白一条忠良の四男。官位従一位左大臣一条家22代当主。法号は後大勝寺。

14代将軍継嗣問題では一橋派を支持。公武合体派で、尊攘派の公家と対立した。

明治天皇皇后昭憲皇太后の実父にあたる。

経歴編集

文政3年(1820年1月17日に叙従三位安政5年(1858年)に内大臣(1858年 - 1859年)となる。翌年、左大臣となる。

万延元年(1860年4月5日に叙従一位文久2年(1862年)に新設の国事御用掛に子・実良らと共に就任。

文久3年(1863年)死去。享年52。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 昭憲皇太后は一条家典医の娘で忠香側室となった新畑民子(花容院)の子である。

関連項目編集