一条道香
時代 江戸時代中期
生誕 享保7年10月10日1722年11月18日
死没 明和6年9月5日1769年10月4日
諡号 得成寺
官位 従一位摂政関白准三宮左大臣
主君 中御門天皇桜町天皇桃園天皇後桜町天皇
氏族 一条家
父母 父:一条兼香、母:家女房
兄弟 道香基輝兼純良演、顕子、郁子、重子、富子輔平
正室:池田静子(池田継政養女)
八代君(徳川治保正室)、輝良、真君(久我信通室)
テンプレートを表示

一条 道香(いちじょう みちか)は江戸時代公卿。号は得成寺。藤氏長者

略歴編集

系譜編集

  • 正室:池田静子 - 池田継政養女、池田政純の娘
  • 家女房
  • 生母不明の子女
    • 長男:三千君(早世)
    • 次女:幸君(早世)
    • 三女(早世)
    • 次男(早世)
    • 四女(早世)
    • 五女:真君 - 久我信通
    • 四男:教君(早世)

参考文献編集

  • 東京大学史料編纂所所蔵『一条家譜』
  • 浄土宗典刊行会『浄土宗全書』
  • 東福禅寺『東福寺誌』

脚注編集

  1. ^ 八代君は江戸幕府15代将軍徳川慶喜の曾祖母であるため、道香は慶喜の高祖父にあたる。
  2. ^ 治保の曽祖母八重姫(鷹司理子)は道香の従姉にあたる。

関連項目編集