一条順子(いちじょう じゅんこ / よりこ、1827年3月1日文政10年2月4日[1]) - 1908年明治41年)1月24日)は、公卿一条忠香の正室。院号は松寿院

矩子女王
(一条順子)
Ichijyou Zynko-Yoriko.jpeg
一条順子
続柄 伏見宮邦家親王第二王女

称号 満津宮
出生 1827年3月1日文政10年2月4日
死去 1908年明治41年)1月24日(享年82)
配偶者 一条忠香
子女 実良、明子
父親 伏見宮邦家親王
母親 中村杣
テンプレートを表示

生涯編集

伏見宮邦家親王の第二王女として生まれる。初めは満津宮矩子女王と称するが、1852年嘉永5年)に一条忠香に嫁いだ後、順子に名を改めた。1863年文久3年)に忠香が没すると、剃髪して松寿院と号する。1908年(明治41年)1月24日に没する。享年82。

栄典編集

血縁編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 『官報』第7372号「叙任及辞令」1908年1月25日。

外部リンク編集