一柳みる

日本の女優、女性声優 (1952-)

一柳 みる(ひとつやなぎ みる、1952年7月16日[3][2] - )は、日本女優声優。本名は同じ[2]和歌山県出身[3][1][注 1]劇団昴所属[2][1]

ひとつやなぎ みる
一柳 みる
本名 一柳 みる
生年月日 (1952-07-16) 1952年7月16日(71歳)
出身地 日本の旗 日本和歌山県[1]
身長 154cm[1]
血液型 O型[2]
職業 女優声優
ジャンル テレビドラマ映画舞台アニメ吹き替え
活動期間 1970年代 -
所属劇団 劇団昴[1]
公式サイト 一柳みる|劇団昴
テンプレートを表示

来歴・人物 編集

玉川大学[2]文学部芸術学科演劇専攻卒業。

1979年劇団昴に入団し、翌年初舞台。看板女優として、シェイクスピア劇を中心に活動。

洋画吹き替えではヘレン・ミレンメリル・ストリープを多く担当している。

特技は日本舞踊坂東流名取[2][1]

出演 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

テレビアニメ 編集

劇場アニメ 編集

OVA 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

担当女優 編集

ヘレン・ミレン
メリル・ストリープ
レナ・オリン

映画(吹き替え) 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

CM 編集

舞台 編集

1980年
  • 一族再会(中西文子[11]
1981年
  • もしもあの時……(キティー・ヴァーダン)
  • カクテル・パーティー(シーリア・コプルストン)
1982年
  • 御意にまかす(フロオラ夫人)
1983年
  • ヴァイオリンを持つ裸婦(ジェイン)
1984年
  • 隣りで浮気……?(テレサ・フィリップ)
1985年
  • 島清、世に敗れたり(かすみ)
1986年
  • ああ求婚(Z)
  • プラザ・スイート(1986年 - 1988年)
1987年
  • 闇に咲く花(1987年 - 1989年)
1989年
1990年
1991年
  • わたしのハートはスーツケース
1992年
  • お侠(お満)
1993年
  • チャリング・クロス街84番地(1993年 - 2016年、ヘレーン・ハンフ、マクシーン・スチュアート)
  • 機械じかけのピアノのための未完成の戯曲(1993年 - 2010年、サーシャ、アンナ・ペトローヴナ・ヴォイニーツェヴァ)
1994年
  • ザ・ラスト・ヤンキー(パトリシア・ハミルトン)
  • パパ、I LOVE YOU!(1994年 - 2008年、ローズマリー・モーティマー)
1995年
  • マンザナ、わが町(1995年 -19967年、ジョイス立花)
  • 耳に蚤
1996年
  • 修道女(マザー・クリスティーヌ)
  • 明暗(河野瑞枝)
1998年
  • プレイング・フォア・タイム-命を奏でて-(マーラ)
  • 三人姉妹(マーシャ)
1999年
  • スィート・パニック(クレア)
  • 空騒ぎ(ベアトリス)
  • かくて新年は(素子)
2000年
  • 煙が目にしみる(2000年 - 2005年)
  • かどで(おのぶ)
2001年
  • すべて世は事も無し(2001年 - 2004年、アイダ)
2002年
  • ゆうれい貸屋(駒吉)
2003年
  • 現代・娘へんろ紀行(堀内由美子)
2004年
  • バッファローの月(シャーロット・ヘイ)
2005年
  • 薮原検校(お志保 他)
2006年
  • 億萬長者夫人(織部弥生)
  • 蔵のある家
2007年
  • 特急二十世紀
  • 花火、舞い散る
2008年
  • レンドミー・ア・テナー
  • 近代能楽集『弱法師』(高安夫人)
2009年
  • 河の向こうで人が呼ぶ(高梨道代)
  • 川を越えて、森を抜けて(2009年 - 2012年、エンマ・クリスターノ)
2010年
  • 瑠璃の壺(桔梗)
2011年
  • 一族再会
2012年
  • 石棺-チェルノブイリの黙示録-(プティーツナ)
  • プロポーズ・プロポーズ(アニー)
2014年
  • リア王(ゴネリル)
  • こころで聴く三島由紀夫Ⅲ〜リーディング『邯鄲』〜
2015年
  • ホテル・スイート(ダイアナ・ニコルズ)
  • くさまくら(おさと)
2017年
  • ポーランドの人形遣い(アパートの管理人)
  • 君が人生の時(社交界の貴婦人)
2018年
  • ドレッサー(2018年 - 2021年、マッジ)
  • こころで聴く三島由紀夫Ⅶ〜リーディング『綾の鼓』〜
2019年
  • Other People's Money -他人の金-(ビー・サリバン)
  • 8月のオーセージ(ヴァイオレット)
2020年

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 埼玉県出身とする資料もある[2]

出典 編集

  1. ^ a b c d e f 劇団昴公式ホームページ”. 劇団昴. 2021年12月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、354頁。全国書誌番号:83045303 
  3. ^ a b 一柳みるのプロフィール/写真/画像”. goo ニュース. 2013年6月13日閲覧。
  4. ^ 太陽の黙示録 - メディア芸術データベース
  5. ^ 『グッドライアー 偽りのゲーム』6月3日ブルーレイ&DVDリリース!デジタル配信同時開始!”. ワーナー ブラザース ジャパン. 2020年3月30日閲覧。
  6. ^ デイ・アフター 首都水没”. 日曜洋画劇場. 2016年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月17日閲覧。
  7. ^ デッドプール2”. ふきカエル大作戦!! (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  8. ^ ムービング・オン 2人の殺人計画!?”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2023年9月21日閲覧。
  9. ^ 概要”. アンという名の少女. NHK. 2020年7月31日閲覧。
  10. ^ キャスト”. トリック 難事件はオレにお任せ. AXN. 2018年9月12日閲覧。
  11. ^ 『芸能』11月号、芸能学会、1980年、51頁。 

外部リンク 編集