一柳 末周(ひとつやなぎ すえちか、寛政3年8月8日1791年9月5日) - 嘉永5年11月23日1853年1月2日))は、播磨小野藩の第8代藩主。

第6代藩主・一柳末英の三男。正室は藤堂高嶷の娘。子は一柳末延(長男)、娘(一柳直方正室)、娘(青木能次室)、一柳末清(四男、金森近典養子)。官位は従五位下、対馬守。

江戸にて生まれる。初名は英同。文化9年(1812年)12月8日、先代藩主で兄の末昭が早世したため、その養嗣子となって跡を継いだ。文化10年10月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下対馬守に叙任する。

天保2年(1831年)11月23日、病気を理由に家督を長男・末延に譲って隠居し、嘉永5年(1852年)11月23日に江戸にて死去した。享年62。墓所は東京都渋谷区広尾の祥雲寺。