メインメニューを開く

一柳末徳

一柳末徳

一柳 末徳(ひとつやなぎ すえのり、嘉永3年7月19日1850年8月26日) - 大正11年(1922年3月7日)は、播磨小野藩の第11代(最後)の藩主。

丹波綾部藩主・九鬼隆都の五男。正室は栄子(一柳頼紹の娘)。継室志乃。妾蓉子他。子は長男一柳譲二、次男広岡恵三加島銀行大同生命大阪電気軌道広岡浅子の女婿)、三男一柳剛、長女(大井光衛室)、次女喜久子(森忠恕室)、三女満喜子ウィリアム・メレル・ヴォーリズ夫人)、四女(筏井寿夫室)ほか。官位は従二位対馬守。幼名は包五郎。

経歴編集

先代藩主・末彦の養嗣子となり、文久3年(1863年)6月9日の末彦の隠居により家督を継いだ。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では早くに新政府に帰順して北越戦争に出兵する。明治2年(1869年)の版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で上京する。その後は慶應義塾に入って英学を学んだ。

明治12年(1879年)には東京芝区会議長となる。明治17年(1884年)の華族令子爵となり、その後帝国博物館員を務めた。後に貴族院議員を4期ほど務め、1920年(大正9年)1月17日に辞職した[1]。大正11年(1922年)3月7日、兵庫県明石市大蔵谷本邸にて死去した。享年73。

脚注編集

  1. ^ 『官報』第2236号、大正9年1月20日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
小野一柳家初代
1884年 - 1922年
次代:
一柳末幸