メインメニューを開く

一柳 頼明(ひとつやなぎ よりあき)は、伊予小松藩の第9代(最後の)藩主(知藩事)。

 
一柳 頼明
Hitotsuyanagi Yoriaki.jpg
時代 明治時代 - 大正時代
生誕 安政5年7月15日1858年8月23日[1]
死没 大正9年(1920年1月16日[1]
改名 絃次郎(幼名)
別名 頼朗
戒名 幽松軒殿大勇宗義大居士
墓所 愛媛県西条市の仏心寺山
官位 従五位下
伊予小松藩知事
氏族 一柳氏
父母 父:一柳頼紹 母:原田氏
兄弟 頼明、紹念
正室:一柳氏
継室:カク(武田サダ長女)[2]
テンプレートを表示

生涯編集

安政5年(1858年)7月15日、第8代藩主・一柳頼紹の三男として生まれる。母は側室の原田氏。

慶応4年(1868年)2月、病気の父の代理として上洛する。同年4月、帰藩する。明治2年(1869年)12月7日、父の死去にともない、家督を相続する。同時に従五位となり、知藩事に就任した。2年後の明治4年(1871年)、廃藩置県に伴って免官された。

明治7年(1874年)6月に隠居[1]、弟の紹念(つぐむね)に家督を譲った。

頼明は明治18年(1885年)に一柳子爵家から分家[1]。大正9年(1920年)1月16日に63歳で死去した。

家族・親族編集

頼明から家督を譲られた弟の紹念(万延元年(1860年)10月12日 - 昭和4年(1929年)3月12日)は、明治17年(1884年)、華族令施行により子爵に叙せられる。

紹念は大正3年(1914年)に隠居し、養子の直徳(なおえ、伊達宗徳七男)が家督を継承した。直徳の子・直俊(なおとし)の代で華族制度廃止を迎える。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 平成新修旧華族家系大成』下、p.409
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下、p.409。なお、同書では夫人としてカクのみが記されている

外部リンク編集