メインメニューを開く

一気通貫

麻雀の上がり役のひとつ

一気通貫(イッキツウカン)とは、麻雀におけるのひとつ。同種の数牌で123・456・789と揃えると成立する。門前2翻、副露1翻。一通(イッツー)と略されることが多い。中国麻雀では清龍(チンロン)の名で採用されている。アメリカでは「Straight(ストレート)」と称される。

概要編集

萬子なら萬子、筒子なら筒子、索子なら索子で、1つの色の数牌1から9までをすべて1枚ずつ揃えて3つの順子を作った手役である。三色同順と並んで代表的な9枚役とされるが、定義上タンヤオとは複合しないため、使い勝手がそれほど良くない役であるとも言える。また嵌張待ちや辺張待ちになりやすいという欠点もある。

平和との複合が最も多いが、混一色清一色など染め手と複合することも多い。また、稀にメンゼンで一盃口と複合することもある。

他の多くの2飜役と同じく、メンゼンを崩した場合は食い下がって1飜となる。しかし、他の役と複合しにくいため、副露した場合は安アガリに終わることが多い。

また、三色同順と一気通貫の両方が狙えるくっつきテンパイの形を、一般に「黄金の一向聴」と呼ぶ。牌姿や詳細は一向聴#黄金の一向聴を参照。

牌姿の例編集

(例)一気通貫が確定しているが待ちが狭いケース

             
 のペンチャン待ち。

(例)待ちは広いが一気通貫が確定しないケース

             
   の三面張で平和も複合するが、 であがらなければ一通にならない。その他では平和のみとなる。

(例)出来あいのケース

             
  待ち。手の内で一通が完成しているこのようなケースが最も有利であり、美しいとされる。この場合は平和も複合する。

(例)副露したケース

                
  待ち。急所の嵌二萬を鳴いた形だが、他に役がなければ1000点の安手である。ロンあがりの場合、普通に考えると20符1翻であるが、30符1翻として扱うのが一般的である。詳細は麻雀の得点計算#喰い平和形を参照。
なお、一気通貫に関係のない部分のみの副露(例示の牌姿では索子の部分)では2翻が維持されるという主張があるが、これは誤りである。手の内で一通が完成している場合でも、メンゼンを放棄すれば食い下がりする。

(例)清一色との複合

             
     待ち。 が高目で九蓮宝燈となるが、 であがっても一気通貫と一盃口が複合して計9飜(ツモやドラ等があればそれ以上)になる。 が最安目で清一色のみである。
             
         の7面張。 および であがった場合に一気通貫が複合する。1例目のような高目九蓮の形であれば高目安目がわかりやすいが、下のような複雑な形は一気通貫の複合などを見落としがちであり、点数申告の際には注意が必要である。

関連項目編集