メインメニューを開く
京王5000系電車 (初代) > 一畑電気鉄道2100系電車
2100系電車(2扉車)

一畑電気鉄道2100系電車(いちばたでんきてつどう2100けいでんしゃ)は、一畑電車一畑電気鉄道からの分社前の1994年平成6年)に導入した通勤形電車である。

概要編集

一畑電気鉄道(現・一畑電車)の車両近代化に際し、1994年から1995年(平成7年)にかけて京王帝都電鉄(現・京王電鉄5000系京王重機整備で改造した車両である。デハ2100形 (Mc1) - デハ2110形 (Mc2) の2連4本8両が導入され、同社で初めて冷房装置・カルダン駆動装置・発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキを装備した車両となっている。

車体・内装編集

塗装はこれまでの一畑電気鉄道の車両から一新され、イエローをベースに、側窓下がホワイト、貫通扉・側扉がブルー、車体裾部分がグレーとなっている。

車体は普通鋼製で、前面窓にはパノラミックウィンドウを採用[1]し、貫通扉と側扉付近に行先方向幕を装備している。また、ワンマン運転用に前面窓両側にサイドミラーが取り付けられている。1994年度譲受の2本は側扉が3扉のままであるが、1995年度譲受の2本は座席数確保のために[2]中央の扉を埋めて2扉車として落成している。

車内の座席はロングシートとなっている。ワンマン運転用として、連結面側の側扉付近に乗車整理券発行器を、運転台後部に運賃表示器と自動両替機付運賃箱を設置している。また、連結面には防犯カメラを設置している(他の2系列でも同様)。

行先表示器編集

正面貫通扉窓下に設置されている行先表示器は字幕式で、各駅停車での運行時は終着駅名のみが表示され、京王時代と同様にゴシック体縦書き配列である。急行として運行する時は、井の頭線で運行されていた3000系の正面行先表示器字幕に類似した横書きの配列で、赤地に白抜きの 急行 表示を上部に添えている。側面の行先表示器は京王時代の種別用は撤去され、行先用の機器のみ使用。急行運転時には、種別と行先を併記して表示する。

機器類編集

制御方式は抵抗制御であり、主要機器類は主電動機として三菱電機製のMB-3054 (75kW) を、駆動方式はWN駆動方式を採用、台車帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄3000系から流用したFS510を履いている。パンタグラフはデハ2100形の連結面に1基設置されている。

クーラー分散型で、デハ2100形は7基、デハ2111・2112・2114は8基、デハ2113は6基搭載する。また、デハ2113以外の7両はベンチレーターを備えている。これは、デハ2113が非冷房車からの冷房改造車、それ以外が新製冷房車という種車の差異によるものである[3]

運用編集

1994年に運転開始した。北松江線大社線の全区間で他車と共通の運用に就いている。 2014年より5000系に代わり、2103編成「楯縫」と2104編成「ご縁電車しまねっこ号」が併結して平日朝方の特急「スーパーライナー」に使用されるようになった。2015年2月26日から3月27日までの間は1000系が試験的にスーパーライナーに使用されていたため他車と同じ運用に就いていた。 なお、5000系がスーパーライナーに使用されていた時、1編成が検査の場合、本系列1編成が5000系と併結して代走していた。 本系列は貫通型だが、幌を取り付けていないため、前後の車両を行き来することはできない。

各車形態編集

2101編成(デハ2101+デハ2111)
2009年(平成21年)8月に朝日ヶ丘 - 松江イングリッシュガーデン前間で脱線、鉄柱に衝突した。その後修理して運用に復帰している。
2012年(平成24年)7月28日より京王時代の「白地に赤帯」の塗装に塗り替えられ、運行を開始している[4]。なお、塗装についてはデハ2101がヒゲなし、デハ2111がヒゲありの形態となっている。
2018年(平成30年)9月に修繕工事を行い、外装がデハニ50形をイメージしたオレンジに白帯のカラーに変更され、同年12月より運行を開始した[5]
2102編成(デハ2102+デハ2112)解体済
2012年(平成24年)12月1日より一畑電鉄時代の塗装で運行されていた[6]
2018年(平成30年)1月6日・7日にさよなら運転を行い引退した[7]
2103編成(デハ2103+デハ2113)
2011年(平成23年)3月10日より、映画『わさお』の公開に併せて『「わさお」電車』として運行を開始した[8]。このラッピング電車は好評だったため、2度にわたる期間延長を経て、同年6月9日に運行を終了した[9]
2011年6月13日より日本航空の『"鶴丸"ラッピング電車』として運行され[10]、当初9月30日までの運転が12月まで延長され[11]、さらに延長されて翌年4月頃まで運行された。
2013年(平成25年)7月18日、一畑電車は本編成をイベント用に改造したと発表し[12]、同年10月26日に「IZUMO-BATADEN 楯縫」という愛称が付けられた。改造は後藤工業が担当[13]
2104編成(デハ2104+デハ2114)
2010年(平成22年)5月24日より、映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の公開に併せて『RAILWAYS応援ラッピング列車』として運行されていた[14]
2012年(平成24年)4月27日から同編成は「神話博しまね」をPRするラッピング列車となっていた[15]
2013年(平成25年)9月21日より、「ご縁の国しまね」観光PRキャンペーンの一環として内外装に島根県のキャラクター「しまねっこ」を配した「ご縁電車しまねっこ号」として運行されている[16]。なお、このラッピングにより、2100系原色(黄色塗装)は姿を消した。
2019年(令和元年)8月に、「ご縁電車しまねっこ号」としての運行を終了する予定[17]。その後は全般検査・修繕工事を施し、外装を変更した上で引き続き運用される。

車両一覧編集

一畑での車番 京王時代の車番 入線時期 備考
デハ2101 デハ2111 デハ5119 クハ5869 1994年11月8日 3扉車
2102 2112 5120 5870 1995年1月14日
2103 2113 5121 5766 1995年7月31日 2扉車
2104 2114 クハ5718 5768

今後の予定編集

本系列は、後継車両である1000系(これとは別に7000系も導入されているが同形式は本形式の置き換え目的ではない)の導入により、2編成が廃車され、残存する2本は2018年度に車体修繕を行い15年ほど継続使用する予定である[18]。 2018年1月6日・7日のさよなら運転をもって、2102編成が廃車になると2017年12月に発表があった[19][7]。 なお、もう一編成の廃車対象に関しては検査期限との兼ね合いもあり未定とされている[20]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デハ2111は、2009年8月の脱線事故により、前面フロントガラスの一部を損壊している。
  2. ^ 『鉄道データファイル』民鉄の車両 - 一畑電気鉄道「一畑電気鉄道の車両」
  3. ^ デハ2103の種車となったデハ5121は、本来ならクハ5871が反対側先頭車になるが、同車が京王時代の1979年に事故廃車されたために、デハ5121と同時期に廃車となったクハ5766が譲渡されている。
  4. ^ 一畑電車公式サイト 2101・2111号車京王電鉄カラーお披露目臨時列車の運転について
  5. ^ 一畑電車株式会社さん(@ichibatadensya_official)”. 2019年3月29日閲覧。
  6. ^ 一畑電車公式サイト 一畑グループ100周年ラストイベント 一畑電鉄時代車両カラー復刻について
  7. ^ a b 一畑電車公式サイト 2102号2112号の引退イベントについて - 2017年12月2日
  8. ^ 一畑電車公式サイト 映画「わさお」+一畑電車 コラボラッピング電車運行開始
  9. ^ 一畑電車公式サイト「わさお」電車ラストラン
  10. ^ 一畑電車公式サイト 島根から元気を!JAL"鶴丸"ラッピング電車運行決定
  11. ^ 一畑電車公式サイト JAL"鶴丸"ラッピング電車運行延長決定
  12. ^ 一畑電車公式サイト イベント車両完成のお知らせ
  13. ^ 一畑電車(株)殿 - 後藤工業株式会社”. 2019年3月29日閲覧。
  14. ^ 一畑電車公式サイト映画「RAILWAYS」応援ラッピング列車 運行時刻のご案内”. 2010年10月22日閲覧。
  15. ^ 一畑電車公式サイト 「神話博しまね」ラッピング電車の運行について
  16. ^ 一畑電車公式サイト 「ご縁電車しまねっこ号」が運行を開始します! - 2013年9月17日
  17. ^ 一畑電車公式サイト【 訂正 「ご縁電車しまねっこ号」運行終了日の延期について】”. 2019年4月18日閲覧。
  18. ^ 車両更新スケジュール(H25〜H32) (PDF) - 島根県
  19. ^ 一畑電車Facebook
  20. ^ 鉄道ジャーナル第569号95頁

関連項目編集

他社の京王5000系譲渡車

そのほか、銚子電鉄および岳南鉄道にも在籍している。