メインメニューを開く
一節切

一節切(ひとよぎり)は、日本の伝統楽器。尺八の前身ともいわれる真竹製の縦笛で、節が一つだけあるのがその名前の由来である。

尺八が竹の根本部分を用いるのに対し、一節切は幹の中間部を用いるため、尺八に比べて細径・薄肉である。全長は一尺一寸一分(約34cm)で、尺八と同じように、前面に四孔、裏側に一孔の計五つの手孔がある。音域は尺八よりも狭く、約1オクターヴ半ほどである。

前野良沢一休宗純雪舟[1]北条幻庵なども一節切の奏者として知られている。織田信長に仕えた大森宗勲も名手である[2][3][4]。しかし、もともと武家や上流階級の風雅な嗜みとしての趣向が強く、一般市民には普及していなかったことや、より音域が広く音量の大きい普化尺八が普及したこともあって、江戸時代の始まりより徐々に廃れていった。現在、残された楽譜は存在するが、音価(音の長さ)の指定がなくどのような演奏だったのかを再現するのは難しい。

その他編集

脚注編集

  1. ^ 尺八(一節切) 文化遺産オンライン
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『大森宗勲』 - コトバンク、2018年5月5日閲覧。
  3. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『大森宗勲』 - コトバンク、2018年5月5日閲覧。
  4. ^ 朝日日本歴史人物事典『大森宗勲』 - コトバンク、2018年5月5日閲覧。

関連項目編集