一般参賀

一般人が皇居に参内し、皇室に向けて祝賀の意を表すること
令和初の一般参賀。このときは天皇の即位を祝う参賀であった(2019年5月4日 撮影)

一般参賀(いっぱんさんが)とは、1948年昭和23年)から開催されている皇室行事である。この行事は、一般人が皇居に参入し、皇室に向けて祝賀の意を表する事が出来る唯一の機会である。毎年、1月2日天皇誕生日[1][2]行われているほか天皇の即位後にも行われている。

概要編集

皇居に参内した国民に天皇が「おことば」を述べる形式で行われる。

  • 当日、国民は皇居前広場で整列して皇宮警察および警視庁の誘導に従って正門から参入[3]、中門を通り長和殿前の東庭に進む。
  • 長和殿のベランダに天皇および皇族が出御し、天皇が「おことば」を述べる。
  • 国民は宮内庁庁舎前を通り、坂下門より退下する。

当初は宮内庁庁舎屋上から昭和天皇が一人で民衆に対し手を振るというものであったが、1969年(昭和44年)の昭和天皇に対しパチンコを撃った、昭和天皇パチンコ狙撃事件などの経緯から、現在はガラス越しに「おことば」を述べる形式になった。

参賀編集

新年一般参賀編集

 
2012年(平成24年)新年一般参賀 第一回目

新年を祝うために行われる[4]元日には新年祝賀の儀を始めとする各皇室行事があるため[要出典]2日に開催される[1]。国民を入れ替えて5回行われ、天皇・内廷皇族秋篠宮家は5回[1]、それ以外の皇族は3回、ないし1回参加するのが通例である(平成時点)。1回目はNHK総合テレビで生中継されるのが慣例である[5]令和からは、上皇上皇后は午前中の3回のみ出席する。

2019年(平成31年)の新年一般参賀は同年5月の皇位継承を前にして平成期最後の一般参賀であり、史上最多の15万人が集まったため、通年の5回を天皇・皇后の意向で急遽7回に増やした。

天皇誕生日一般参賀編集

天皇の誕生日を祝うために行われる。平成年間では、天皇・内廷皇族秋篠宮家の、いずれも成年皇族が出席した。3回行われる。令和年間は上皇・上皇后は出席しない[6]

その他の一般参賀編集

皇位継承が行われたときにも、一般参賀が行われる。

平成の皇位継承の際には、昭和天皇の喪が明け、即位礼正殿の儀が終了した後の1990年(平成2年)11月18日に行われ、天皇・皇族は8回出席した。

令和の際には崩御を伴わない皇位継承であったことから、天皇が即位した2019年(令和元年)5月1日から3日後の4日に行われ、天皇・皇族は7回出席した。なお、この時退位により上皇となった明仁と上皇后となった美智子は出席しなかった。

備考編集

これまで、一般参賀は5度中止になっている。

  • 昭和64年(1989年)1月2日(新年) - 昭和天皇が重態のため。
  • 平成元年(1989年)12月23日(天皇誕生日) - 昭和天皇の諒闇中のため。
  • 平成2年(1990年)1月2日(新年) - 昭和天皇の諒闇中のため。
  • 平成8年(1996年)12月23日(天皇誕生日) - 在ペルー日本大使公邸占拠事件のため[7]
  • 令和2年(2020年)2月23日(天皇誕生日) - 新型コロナウイルスの流行のため[8]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 新年一般参賀要領”. 宮内庁. 2017年6月21日閲覧。
  2. ^ 天皇誕生日一般参賀要領”. 宮内庁. 2017年6月21日閲覧。
  3. ^ 待機中に民間団体から紙製の日の丸の小旗が配布されている。
  4. ^ 宮内庁 一般参賀
  5. ^ 新年祝賀・一般参賀”. 宮内庁. 2018年8月23日閲覧。
  6. ^ 天皇誕生日、一般参賀を実施 来月23日に3回を予定 - 朝日新聞デジタル、2020年1月23日配信
  7. ^ 天皇誕生日一般参賀を中止で調整 宮内庁 - 中日新聞、2020年2月17日配信
  8. ^ 天皇誕生日の一般参賀、中止を発表 宮内庁 - 日本経済新聞、2020年2月17日配信

外部リンク編集