メインメニューを開く

一色 政照(いっしき まさてる)は、室町時代武将

 
一色政照
時代 室町時代
生誕 不明
死没 文明13年4月1日1481年4月29日
別名 一色七郎(通称)
戒名 法憧勝公大禅定門
墓所 宝憧寺(愛知県田原市大草町、廃寺) → 長興寺(愛知県田原市大久保町
官位 式部少輔
幕府 室町幕府三河国渥美郡分郡守護代
主君 足利義政義尚
氏族 式部一色氏
父母 父:一色持範
兄弟 持長政照
政具
テンプレートを表示

以下の記述は一色持範の子である一色七郎政照と三河国で活躍した一色七郎を同一人物と考えるが、同時期に京都で将軍近習として仕えながら地方で守護代(郡代)を務めるのは考えにくいとして同じ通称の別人とする見方もある[1]。これにしたがえば、三河で活躍した一色七郎は系譜・実名不明の一色氏一族となる。

生涯編集

 
一色政照が退隠した邸宅「一色屋敷」の跡。
政照の没後に建てられた宝憧寺も廃寺となり、往時を偲ばせるものは何もない(田原市大草町、2016年4月)
 
長興寺にある一色政照の墓(田原市大久保町、2016年4月)

元服時には8代将軍足利義政より偏諱を受け政照を名乗る。一色範光から義貫(持範の弟で一色氏の家督を継承)まで四代60年の間、一色氏が守護職を務めてきた三河国は、6代将軍足利義教(義政の父)による義貫の誅殺後、守護職を細川氏に奪われ、一色氏はその奪還を悲願としていた。国人も長年の支配により一色氏の被官となったものが多く、細川持常が守護となった直後の嘉吉元年(1441年)秋、土一揆により守護代が追放される事件が起こっている。

義貫の嫡男義直は家督を継ぐと、丹後国に加え伊勢国半国の守護職を手に入れ、更に三河・渥美郡(現愛知県豊橋市南部及び田原市全域)を奪い返し三河分郡守護となった。義直の従兄弟だった政照はその渥美郡へ分郡守護代(郡代)として入部、田原を拠点としたという。

長禄4年(1460年)8月、渥美郡赤羽根郷(田原市赤羽根町周辺か)の浜に遭難船が流れ着いたが、政照は船の積荷を掠奪しようと手勢を率いて向かった。当時、赤羽根郷は相国寺塔頭鹿苑院の領地でその役所も存在したが、政照の手勢は役所に放火、散々に乱暴をした上、積荷を奪い引き揚げた[2]。鹿苑院の訴えでこの事件は幕府でも問題になったが、政照は幕府からの積荷返還命令を無視したため、幕府は命令の履行を再度命じている[3]

応仁元年(1467年)、応仁の乱が起こると政照は渥美郡の軍勢を率いて上洛し、西軍に属して戦った。しかし、一色軍の留守中、渥美郡には東軍である伊勢氏被官の戸田宗光が進出、一帯を押さえてしまった。

文明9年(1477年)頃に政照は田原に帰還するが、戸田氏の勢いを見て争わず和解の道を選ぶ。宗光を猶子分とし、大草村(田原市大草町)に新たに邸宅を構え退隠。文明13年(1481年)4月1日病死した。

政照の没後、大草村の邸宅は宗光によって宝憧寺が建立され、境内に政照の墓が建てられた。宝憧寺が昭和29年(1954年)に廃寺となった[4]後も政照の墓は残されたが、区画整理のため昭和40年(1965年)に戸田氏の菩提寺である長興寺(田原市大久保町)に改葬された[5]

脚注編集

  1. ^ 河村昭一「南北朝・室町期一色氏の権力構造」p.45,66,121。
  2. ^ 蔭凉軒日録』長禄4年8月17日条
  3. ^ 『蔭凉軒日録』長禄4年9月2日条
  4. ^ 広報たはらNo.684(平成23年2月15日号)『しみんの広場・広報サポーターズだより 大草の歴史と文化を学ぶ会』 (PDF)”. 田原市. p. 2 (2015年9月4日). 2016年5月4日閲覧。
  5. ^ 田原町史 1971, p. 467-468.

参考文献編集

  • 『田原町史』上巻、田原町文化財調査会編、田原町教育委員会、1971年。全国書誌番号:73021952
  • 『室町幕府守護職家事典』上巻、今谷明, 藤枝文忠編、新人物往来社、1988年。ISBN 4-404-01501-1
  • 河村昭一『南北朝・室町期一色氏の権力構造』戎光祥出版2016年 ISBN 978-4-86403-203-2