メインメニューを開く

一言 多十(ひとこと たじゅう、1921年5月1日 - 2010年4月16日)は、静岡県六合村(現:島田市)出身のプロ野球選手投手外野手)。

一言 多十
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県志太郡六合村(現:島田市
生年月日 (1921-05-01) 1921年5月1日
没年月日 (2010-04-16) 2010年4月16日(88歳没)
身長
体重
173 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1946年
初出場 1946年4月27日
最終出場 1950年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 石川島重工業

来歴・人物編集

島田商業学校時代、1937年春1938年春は外野手として、1939年春からはエースとして4季連続、計7回甲子園に出場。1940年夏準優勝。夏の大会では1939年の準決勝、1940年の決勝で2年続けて、嶋清一真田重蔵のエースを擁した和歌山県海草中学校の前に惜しくも涙をのんだ。1940年選抜では2回戦で対戦し勝利している。

1941年専修大学へ進学。五大学リーグでは1年春のリーグ戦からエースとしてノーヒットノーランを記録するなど活躍したが、1943年戦争のためリーグ戦が中止。学徒出陣した。1945年海軍特攻艇に配属されたものの出陣しないまま終戦を迎えた。

1946年セネタースに入団。開幕投手を務めシーズン6勝を挙げる傍ら、野手としても規定打席到達という活躍を見せた。

この年の4月29日の対中部日本戦では当時日本プロ野球歴代2位の13与四死球を記録するものの、中部日本が無死満塁などの場面で1試合で4併殺するなど拙攻に助けられ、野手の失策の1失点にとどめて、自責点0で完投勝利をおさめており、最終的なスコアは6対1。この記録は、1994年7月2日野茂英雄西武ライオンズ戦で16与四球完投勝利を挙げるまで、最多与四球勝利投手のプロ野球記録だった[1][2][3][4]

1948年引退、社会人野球の新田建設に転じたが、1950年阪急ブレーブスで1年だけプロ復帰している。

再度の引退後は社会人野球の石川島重工業にて選手、監督を務めた。2010年4月16日、埼玉県さいたま市で逝去。88歳。

宇佐美徹也著の「日本プロ野球記録大鑑」では「日本プロ野球5指に入る変わった名前の選手」として挙げられている[5]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1946 セネタース
東急
急映
25 23 11 0 0 6 13 -- -- .316 690 149.0 155 2 108 -- 6 49 3 0 91 78 4.71 1.77
1947 13 13 8 0 1 3 7 -- -- .300 460 105.0 99 3 48 -- 4 22 2 0 50 33 2.83 1.40
1948 14 10 0 0 0 1 3 -- -- .250 237 53.0 66 6 20 -- 1 15 0 0 38 33 5.60 1.62
1950 阪急 16 6 0 0 0 1 5 -- -- .167 212 43.2 63 4 17 -- 1 13 1 0 39 28 5.73 1.83
通算:4年 68 52 19 0 1 11 28 -- -- .282 1599 350.2 383 15 193 -- 12 99 6 0 218 172 4.41 1.64
  • セネタースは、1947年に東急(東急フライヤーズ)に、1948年に急映(急映フライヤーズ)に球団名を変更

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1946 セネタース
東急
急映
101 406 332 49 77 7 4 0 92 22 18 10 3 -- 70 -- 1 49 -- .232 .367 .277 .644
1947 117 469 419 39 75 7 3 1 91 21 5 3 3 -- 41 -- 6 46 -- .179 .262 .217 .479
1948 25 34 31 2 4 0 0 0 4 2 0 3 0 -- 3 -- 0 2 -- .129 .206 .129 .335
1950 阪急 30 46 41 5 7 0 0 1 10 6 2 0 1 -- 4 -- 0 5 1 .171 .244 .244 .488
通算:4年 273 955 823 95 163 14 7 2 197 51 25 16 7 -- 118 -- 7 102 1 .198 .304 .239 .543
  • セネタースは、1947年に東急(東急フライヤーズ)に、1948年急映(急映フライヤーズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 5(1946年 - 1947年)
  • 16(1948年)
  • 15(1950年)

脚注編集

  1. ^ 14与四球の小松原博喜と、先に13与四球を記録した中山正嘉がいずれも敗戦投手な為
  2. ^ この試合は一言が投げる前の1回表に中部日本の先発の林直明が日本プロ野球新記録の先頭打者から5連続四球とタイ記録の1イニング6与四球を挙げており、双方で四球合戦となった
  3. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」637ページ
  4. ^ スポニチアネックス 日めくりプロ野球 1994年7月2日 史上初 “怪腕”野茂英雄 16四球でも完投勝利
  5. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」637ページ

関連項目編集

外部リンク編集