メインメニューを開く

一関学院高等学校(いちのせきがくいんこうとうがっこう)は、岩手県一関市にある私立高等学校。県内での略称は「学院」。

一関学院高等学校
過去の名称 一関夜間中学校
関城中学校
一関商業学校
岩手県関城高等学校
一関商業高等学校
関城工業高等学校
一関商工高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人一関学院
校訓 勤労・敬愛・協調
設立年月日 1938年
創立記念日 5月10日
創立者 林頼作・芳川顕雄
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程・通信制課程
単位制・学年制 学年制・単位制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース
進学コース
総合ビジネスコース
体育コース
学期 2学期制
高校コード 03510G
所在地 021-0871
岩手県一関市八幡町5番24号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

建学の精神
一関学院高等学校は、向学心に燃える勤労青少年の勉学の場として、昭和13年5月10日に創立された旧制一関夜間中学校をその前身としている。以来幾多の変遷を経て現在に至っているが、開校当時の勤労と修学の情熱は、「己に克ち真面目に努力する」精神として、今日もなお脈々と継承されている。
校章の蜂について
一関学院高等学校は昭和13年に、働きながら学ぶ勤労学徒の揺籃の学校として創立され、「勤勉」を校訓としている。古くはローマ大学文学部がサビエンタ「学問」の名をもち、「」を記章にしていたことに由来している。蜂は勤勉の特性をもち、翅を左右に広げ、発展と雄大さを表徴している。
校歌
作詞は芳川顕雄、作曲は千葉了道による。歌詞は3番まである。

沿革編集

  • 1938年 - 林病院長・林頼作、願成寺住職・芳川顕雄により、一関夜間中学校(旧制中学)創立。
  • 1941年 - 関城中学校認可。一関商業学校認可。
  • 1942年 - 財団法人となる。
  • 1944年 - 戦時措置令により一関商業学校を廃止。
  • 1948年 - 財団法人岩手県関城高等学校と改称認可。
  • 1950年 - 関城高等学校に普通科(夜間)を設置。
  • 1951年 - 法人名を学校法人一関学院、校名を関城高等学校(夜間)・一関商業高等学校(昼間)と改称。
  • 1956年 - 関城高等学校の普通科を商業科に変更承認。
  • 1959年 - 関城高等学校を関城工業高等学校と改称。
  • 1963年 - 関城工業高等学校と一関商業高等学校を統合し、一関商工高等学校となる。
  • 1966年 - 普通科を設置。
  • 1981年 - 体育館「教成館」完成。
  • 1988年 - 創立50周年記念式典を挙行。森林公園グランド・セミナーハウス竣工。
  • 2001年 - 一関学院高等学校と改称。
  • 2007年 - 情報処理科募集停止。
  • 2009年 - 屋内運動場完成(70周年記念事業)。
  • 2013年 - 第三校舎建替え(東日本大震災による)。

設置課程編集

部活動編集

体育会系の部活動が盛んであり、硬式野球部は甲子園出場が6回、2回。陸上競技部の駅伝チームは全国大会に23年連続27回出場、4回の全国入賞(過去最高5位:2017年)。女子バスケットボール部も全国選抜大会に9回出場し、高校総体に6回出場している。

運動部
野球部、陸上競技部、ソフトテニス部、体操部、柔道部、卓球部、サッカー部、バスケットボール部、バドミントン
文化部
商業部、吹奏楽部、パソコン部、美術部、珠算部、社会福祉サークル、応援団
同好会
フェンシング同好会、ゴルフ同好会、剣道同好会、ゲートボール同好会、水泳同好会、写真同好会、郷土史文化研究会

著名な出身者編集

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ スノボ界に新星!15歳岩渕麗楽が初V「自分のやりたいことを」”. 産経新聞社 (2017年12月12日). 2017年12月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集