一龍斎 貞水(いちりゅうさい ていすい)は、日本講談師(講釈師)名跡。四代目までは真龍斎 貞水。四代目は早川 貞水を名乗った。

4代目編集

四代目 早川はやかわ 貞水ていすい
本名 早川 与吉
別名 教育講談師
お相撲貞水
御用講談師
生年月日 1861年12月
没年月日 1917年5月15日
師匠 初代旭堂南慶
四代目真龍斎貞山
二代目松林伯圓
初代桃川如燕
三代目真龍斎貞水
名跡 旭堂慶寿
三代目双龍斎貞鏡
四代目真龍斎貞水
早川貞水
活動期間 1878年 - 1917年

四代目 早川 貞水(はやかわ ていすい、1861年12月 - 1917年5月15日)は、日本の講談師。本名:早川 与吉、旧姓「長島」。

経歴編集

江戸神田(現在の東京都千代田区)の生まれ。

1878年、17歳の時に初代旭堂南慶の門下に入り慶寿を名乗る。その後四代目真龍斎貞山二代目松林伯圓初代桃川如燕らの門下を転々とし1891年に三代目真龍斎貞水の門下で三代目双龍斎貞鏡1899年に四代目真龍斎貞水、1911年に早川貞水になった。

人物編集

「教育講談師」と称し寄席にはほとんど出ず旅廻りが多かった。

相撲ネタが得意で「お相撲貞水」という異名があった。また大正天皇及び各皇族の御前講演を行い、内務省嘱託となって地方を巡回公演したため「御用講談師」とも呼ばれた。

6代目編集

六代目 一龍斎いちりゅうさい 貞水ていすい
本名 浅野あさの 清太郎せいたろう
生年月日 1939年6月29日
没年月日 (2020-12-03) 2020年12月3日(81歳没)
出身地   日本東京都文京区
師匠 五代目一龍斎貞丈
名跡 1.一龍斎貞春
(1955年 - 1966年)
2.六代目一龍斎貞水
(1966年 - 2020年)
活動期間 1955年 - 2020年
活動内容 講談師
所属 講談協会
受賞歴
1975年 芸術祭優秀賞 - 「鉢の木」[1]
1976年 放送演芸大賞講談部門賞[1]
1999年 下町人間庶民文化賞[1]
2003年 文京区区民栄誉賞[1]
2009年 旭日小綬章[1]
2020年 正五位
備考
講談協会会長(2002年 - 2006年)

六代目 一龍斎 貞水(いちりゅうさい ていすい、1939年6月29日 - 2020年12月3日)は、日本の講談師[1]。本名∶浅野 清太郎[1]。講談師初の人間国宝[1]血液型はB型。

来歴編集

東京府東京市本郷区湯島天神町(現在の東京都文京区湯島)生まれ[1]

役者志望であったが、小さい頃からラジオで演芸に親しんでいた。講談組合頭取(会長)の四代目邑井貞吉と出会い、寄席本牧亭の楽屋に出入りするようになる。周囲に貞吉の孫と勘違いされて可愛がられ、五代目一龍斎貞丈から「ちょっと噺出来るか」と言われ、学生服姿で初舞台を踏んだところ喝采を浴び、講談の道に入ったという。[2]

1955年都立城北高校入学と同時に、五代目一龍斎貞丈に入門[1]、「貞春」を名乗る[1]1966年、真打に昇進し、「六代目一龍斎貞水」を襲名[1]。2002年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定[1]

2002年から2006年にかけ、講談協会会長[1]。その後、講談協会相談役に就き[1]、2010年より再び講談協会会長に就任[1]

2020年11月まで高座を務めていたが、肺炎のため12月3日に死去[3]。81歳没。最後の高座は、11月25日の連続講談の会での「金毘羅利生記」だった[4]。生前の故人の意向では、芸人として「しっかりお別れをする場を作りたい」とお別れの会の開催を望んでいた[5]というが、コロナ禍のためにかなわなかった。

2021年11月28日、東京・善養寺に顕彰の碑が建立され、一周忌法要と建立式典が執り行われた。顕彰碑は橘左近の揮毫、長井好弘による碑文、碑側面には貞水筆の「言葉は心 芸は人」という座右の銘が刻まれた[5]

芸歴編集

人物編集

怪談の貞水」の異名を持ち、照明や音響、大道具などを効果的に用いた「立体怪談」を得意とする。

実家は湯島で居酒屋「酒席 太郎」を営んでいる(店主は貞水の妻)。

受賞・受章歴編集

一門編集

作品編集

CD編集

  • 一龍斎貞水の学校のこわい話し・全2巻(1996年、コロムビア
  • 赤穂義士本傅・全15巻(1998年、日本クラウン
  • 四谷怪談・全5巻(2004年、日本クラウン)
  • 響談「ぬけられぬ雨の吉原」
SILENT HILL 4 -THE ROOM- ORIGINAL SOUNDTRACKS DISC2(2004年、コナミデジタルエンタテインメント) に収録。

DVD編集

  • アニメ版「東海道四谷怪談」(2005年、コロムビア)
1981年8月16日に「花王名人劇場」で放映された「アニメ講談」のDVD。国立演芸場での一龍斎貞水の語りにアニメーション映像をつけたもの。
  • 四谷怪談(2005年、日本クラウン)

著書編集

単書編集

編書編集

  1. 『恐怖の怪談』、2000.8、ISBN 457702098X
  2. 大岡越前 名裁き』、2000.9、ISBN 4577020998
  3. 秀吉の天下取り』、2000.12、ISBN 4577021005
  4. 『歴史に残る合戦』、2000.12、ISBN 4577021013
  5. 『戦国の英雄』、2001.1、ISBN 4577021021
  6. 『剣の達人』、2001.2、ISBN 457702103X

伝記編集

出演編集

テレビ番組編集

ラジオ番組編集

映画編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 講談師・人間国宝 一龍斎貞水 【公式サイト】”. Yougousya. 2018年6月15日閲覧。
  2. ^ 神田松之丞『神田松之丞 講談入門』河出書房新社 194頁
  3. ^ “講談師初の人間国宝・一龍斎貞水さん死去、81歳…先月まで高座務める”. 読売新聞. (2020年12月9日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20201209-OYT1T50193/ 2020年12月9日閲覧。 
  4. ^ 講談師 一龍齋貞水 逝去のお知らせ【訃報】”. 株式会社影向舎 (2020年12月9日). 2020年12月9日閲覧。
  5. ^ a b 濱田元子 (2021年12月2日). “一龍斎貞水の「顕彰の碑」建立 東京・西巣鴨”. 毎日新聞夕刊 (東京). https://mainichi.jp/articles/20211202/dde/018/040/007000c 
  6. ^ 『官報』第410号7頁 令和3年1月13日号

外部リンク編集