丁 世均(チョン・セギュン、정세균1950年9月26日-)は、韓国政治家。現在、同国国務総理(首相)[2]

丁世均
정세균(チョン・セギュン)
Chung Sye-kyun.jpg
丁世均
生年月日 (1950-09-26) 1950年9月26日(69歳)
出身校 高麗大学校
前職 国会議長(2016年6月9日~2018年5月29日)
現職 国会議員
所属政党新政治国民会議→)
新千年民主党→)
開かれたウリ党→)
大統合民主新党→)
(統合民主党→)
民主党→)
(民主統合党→)
民主党→)
(新政治民主連合→)
共に民主党→)
無所属[1]→)
共に民主党
公式サイト skchung

在任期間 2020年1月14日 -
大統領 文在寅

在任期間 2006年2月9日 - 2007年1月3日
大統領 盧武鉉

在任期間 2016年6月9日 - 2018年5月29日

国会議員
選挙区全羅北道鎮安郡茂朱郡長水郡選挙区→)
(全羅北道鎮安郡・茂朱郡・長水郡・任実郡選挙区→)
ソウル特別市鍾路区選挙区
当選回数 6回
在任期間 1996年5月30日 - 2020年1月14日

在任期間 2007年2月14日 - 2007年8月18日
テンプレートを表示

朴槿恵政権(2013年2月25日~2017年3月10日)末期から文在寅政権(2017年5月10日~)初期にかけての2016年6月9日から2018年5月29日まで国会議長を務めた。盧武鉉政権(2003年2月25日~2008年2月24日)時代には産業資源部長官(現・産業通商資源部)や与党開かれたウリ党の院内代表や議長(党首)、李明博政権(2008年2月25日~2013年2月24日)時代には野党第1党・民主党の代表(党首)も務めた。全羅北道鎮安郡銅郷面出身。

歩み編集

1950年9月26日、全羅北道鎮安郡銅郷面に生まれる。

韓国における財閥の一つである双竜グループの常務理事から、金大中が創党した「新政治国民会議」に入党。1996年4月第15代国会議員選挙で初当選して政界入りした。盧武鉉政権では、経済通を活かして経済担当ブレーンとして活躍、産業資源相を務めた。また、盧大統領の与党開かれたウリ党」では、院内代表や議長(党首)といった要職を歴任し、大統領と袂を分って野党に転じた新千年民主党から改編した民主党も含めた旧与党勢力の統合を巡って揺れつづけた党を支えた。2008年7月、ウリ党の後身である大統合民主新党と民主党が統合して発足した統合民主党が党名を改称した民主党の初代代表に就任した。

その後、民主党の代表として李明博政権及びハンナラ党と対峙し続け、再補選や2010年6月の全国同時地方選挙で陣頭指揮に当たった。全国同時地方選挙の結果、与党・ハンナラ党に勝利したことで、2012年の次期大統領選挙における民主党の大統領候補の一人として名乗りを上げるものと目された[3]。しかし、7月の国会議員再補選で敗北した責任をとって、党代表を辞任した[4]。そして10月に行われた党代表と指導部を選出する選挙に出馬したが、8名の候補者中3位に留まり、代表再選は果たせず、新たに党最高委員に就任した[5]

2011年12月に発足した民主統合党では常任顧問に就任した。2012年4月に行われた第19代総選挙では地元選挙区を離れてソウル特別市鍾路区選挙区より出馬[6]、セヌリ党の洪思德候補を大差で下して5選を果たした。なお鍾路区では過去7回の選挙で保守系政党の候補が当選(1998年の補欠選挙を除く[7])しており、民主系政党の候補者が当選を果たしたのは1985年の第12代総選挙以来27年ぶりである[8]。6月26日、年末に予定されている韓国大統領選挙への出馬を表明[9]。しかし、民主党の大統領候補を決める予備選では党主流派の支援を受けた文在寅に大差で敗れる結果となった[10]

2016年4月に行われた第20代総選挙でもソウル特別市鍾路区選挙区から出馬し、前ソウル市長のセヌリ党呉世勲候補(セヌリ党)を大差で下して6選を果たした。同年6月9日に国会議長に就任した。

2019年7月下旬、国会代表団の一員として訪米。マーク・ナッパー国務副次官補代行などと会談し、同月に日本が表明したキャッチオール規制の運用見直し(ホワイト国から韓国を除外)を撤回させるよう働きかけを行った[11]。8月3日、日本が韓国をホワイト国(同日からグループA)から除外する閣議決定した後は、党内に設置された日日点検対策班の座長に就任した[12]

2019年12月上旬に李洛淵国務総理が年内に退任する意向を表明した際には、後継の国務総理に名前が挙がり[13]、12月17日に文在寅大統領より正式指名された[2]。2020年1月13日、大韓民国国会は丁を次期国務総理とする任命同意案を賛成多数で承認した[14]。1月14日、国務総理に着任[15]

略歴編集

生年月日1950年9月26日

学歴編集

職歴編集

選挙編集

議員歴編集

  • 1996年5月2000年5月:第15代国会議員(新政治国民会議→新千年民主党)
  • 2000年5月~2004年5月:第16代国会議員(新千年民主党→開かれたウリ党)
  • 2004年5月~2008年5月:第17代国会議員(開かれたウリ党→大統合民主新党→統合民主党)
  • 2008年5月~2012年5月:第18代国会議員(統合民主党→民主党→民主統合党)
  • 2012年5月~2016年5月:第19代国会議員(民主統合党→民主党→新政治民主連合→共に民主党
  • 2016年5月~現在:第20代国会議員(共に民主党)

党職・議員活動編集

  • 1997年7月1998年4月:国会財政経済委員会幹事及び労使政委員会幹事会委員(1998/06まで)
  • 2000年6月~2000年12月:新千年民主党、第二政策調整委員長
  • 2000年11月~2003年9月:新千年民主党、労使問題対策委員会委員
  • 2000年12月~2001年11月:新千年民主党、基調委員
  • 2000年12月~2001年1月:国会公的資金運営実態究明のための国勢調査特別委員会委員長
  • 2001年11月~2002年4月:国会財政経済委員会担当幹事
  • 2002年6月~2002年12月:新千年民主党、大統領選挙企画団政策企画室長
  • 2002年7月~2003年4月:国会建設交通委員会委員
  • 2002年9月~2002年12月:盧武鉉大統領候補(当時)中央選挙対策委員会国家ビジョン21委員会本部長
  • 2002年9月~2002年12月:国会公的資金国勢調査対策特別委員会委員長
  • 2000年12月~2003年9月:新千年民主党、政策委員会議長
  • 2003年4月~2004年5月:国会農林海洋水産委員会委員
  • 2003年9月~2004年4月:開かれたウリ党、政策委員会議長
  • 2004年8月~2004年10月:開かれたウリ党、公職候補資格委員会委員長
  • 2004年7月~2005年1月:国会予算決算特別委員会委員長、国会科学技術情報通信委員会委員
  • 2005年1月~2006年1月:開かれたウリ党、院内代表[16]。国会運営委員会委員長
  • 2005年10月~2006年1月:開かれたウリ党、臨時議長[17](院内代表と兼務)。
  • 2006年2月9日 産業資源部の長官(大臣)に任命[18]
  • 2007年1月3日 産業資源部長官を辞任[19]
  • 2007年2月14日 ウリ党の定期党大会、議長選挙で議長に選出される[20]
  • 2008年7月6日:民主党、党大会。代表選挙で、秋美愛鄭大哲の二人に大差をつけて、代表に当選(任期2年)[21]
  • 2009年7月24日:ハンナラ党がメディア関連法を国会で強行採決したことに抗議して議員辞職を表明。自身を含めた民主党議員全員の辞表を金炯旿国会議長に提出した[22]
  • 2010年6月8日:11ヶ月ぶりに院内への復帰を表明。[23]
  • 2010年8月2日:国会議員再補選における敗北の責任をとって、代表の職を辞任。
  • 2010年10月4日:党指導部選挙で敗北。党最高委員(2010年10月~2011年12月)
  • 2011年12月:民主統合党常任顧問
  • 2014年9月:新政治民主連合非常対策委員
  • 2016年6月9日:国会議長(~2018年5月29日)
  • 2020年1月14日:国務総理

注:日本経済新聞が主催して毎年開催している国際交流会議「アジアの未来」のサイト[24]に掲載されている丁世均の略歴[25](同会議において講師を務めた)を元に、聯合ニュースや朝鮮日報などマスメディアの記事も参考にして作成した。

発言編集

脚注編集

  1. ^ 国会議長就任のため。
  2. ^ a b “文大統領 次期首相に前国会議長の丁世均氏指名”. 聯合ニュース. (2019年12月17日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191217001500882 2019年12月17日閲覧。 
  3. ^ ソウル市長選で与党辛勝、民主党躍進の地方選挙に”聯合ニュース2010年6月3日
  4. ^ 「民主党の丁世均代表が辞任 再・補欠選挙敗北で」」KBSワールドラジオ 2010-08-02 15:42:21配信
  5. ^ 「民主党の新代表 孫鶴圭氏選出」KBSワールドラジオ2010-10-04 10:57:20配信  
  6. ^ “정세균 '정치 1번지' 종로 출마 선언(丁世均‘政治1番地’鍾路出馬宣言)”. 韓国日報. (2011年12月1日). http://news.hankooki.com/ArticleView/ArticleView.php?url=politics/201112/h2011120121012621000.htm&ver=v002 2012年3月20日閲覧。 
  7. ^ この時の補選で当選したのは後に大統領となる盧武鉉(当時、新政治国民会議副総裁)。
  8. ^ “정세균 `정치1번지' 거물대결서 승리(丁世均‘政治1番地’大物対決で勝利)”. 聯合ニュース. (2012年4月11日). http://www.yonhapnews.co.kr/chongsun/2012/04/11/4701190000AKR20120411049600001.HTML 2012年4月21日閲覧。 
  9. ^ “정세균 "국민이 믿는 든든한 경제대통령 되겠다"(丁世均“国民が信じられる強固な経済大統領になる”)”. 聯合ニュース(本国版). (2012年6月26日). http://www.yonhapnews.co.kr/chongsun/2012/06/26/4701190000AKR20120626107100001.HTML 2012年6月27日閲覧。 
  10. ^ “文在寅氏、最大野党候補に=安氏との一本化加速へ-韓国大統領選”. 時事ドットコム. (2012年9月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012091600123 2012年9月17日閲覧。 
  11. ^ 仲裁しようというワシントンの要人はいなかった=韓国”. 中央日報 (2019年7月30日). 2019年7月30日閲覧。
  12. ^ 韓国与党「日本の核心産業打撃与える品目、自動車など3-4品目圧縮」”. 中央日報 (2019年8月5日). 2019年8月6日閲覧。
  13. ^ “金振杓議員の辞退で丁世均前国会議長が次期首相に急浮上=韓国”. 中央日報. (2019年12月12日). https://japanese.joins.com/JArticle/260459 2019年12月12日閲覧。 
  14. ^ “新首相に丁世均前議長 韓国国会が任命同意案を可決”. 聯合ニュース. (2020年1月13日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200113004400882 2020年1月14日閲覧。 
  15. ^ “韓国新首相に丁世均氏 李洛淵前首相は総選挙へ”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2020年1月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011401181&g=int 2020年1月15日閲覧。 
  16. ^ ウリ党、院内代表に丁世均議員選出朝鮮日報日本語サイト(2005年1月24日)
  17. ^ 盧大統領「来年初めに国民に進路を提示」」朝鮮日報日本語サイト(2005年10月31日)
  18. ^ 韓国の基礎データ(政治動向)日本貿易振興機構(ジェトロ)の国・地域別情報より
  19. ^ 丁世均・産業資源部長官が離任、後任は4日に発表聯合ニュース(2007年1月3日)
  20. ^ ウリ党議長に丁世均議員を選出、大統合新党結成へ」聯合ニュース(2007年2月14日)
  21. ^ 民主党の代表選、丁世均議員が大差で当選」聯合ニュース(2008年7月7日)
  22. ^ 民主党代表が議員辞任表明、メディア法無効化闘争へ-聯合ニュース2009年7月24日付。
  23. ^ 정세균, 11개월만에 의원직 복귀 (丁世均 11ヶ月ぶりに議員職復帰)。韓国日報2010年6月8日付
  24. ^ 第12回アジアの未来 概要
  25. ^ 丁世均略歴
  26. ^ 韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」… 産経新聞社(2017年7月1日)2017年8月6日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集


議会
先代:
鄭義和朝鮮語版
  国会議長
2016 - 2018
次代:
文喜相
公職
先代:
李洛淵
  大韓民国国務総理
第46代:2020年1月14日 -
次代:
(現職)
先代:
李熙範朝鮮語版
  大韓民国産業資源部長官
第63代:2006 - 2007
次代:
金栄柱
党職
先代:
金槿泰
ウリ党議長
第11代:2007 - 2007
次代:
(大統合民主新党へ吸収)
先代:
民主党代表
初代:2008-2010
次代:
孫鶴圭