第一丁卯(だいいちていぼう[4]、旧仮名ではだいいちていばう[12])は日本海軍軍艦[10]。 元は長州藩の発注した三檣スクーナー型木造汽船[4]

第一丁卯
DaiIchiTeibo.jpg
基本情報
建造所 (イギリスロンドン)[1]
艦種 砲艦[2]
建造費 買価:110,000ドル[3]
艦歴
竣工 1867年[1]
就役 慶応4年1月(1868年1月から2月)長州藩が購入
明治3年5月8日(1870年6月6日)献納[4]
最期 1875年8月9日破壊[5]
要目
排水量 236トン[6]
長さ 123尺8寸(34.49m)[1]
または、36.58m[6]
21尺8寸(6.61m)[1]
または、6.40m[6]
吃水 2.29m[6]
ボイラー 2基[7]
主機 横置直動レシプロ 1基[6]
推進 1軸[7]
出力 60馬力[2](IHP)[6]
帆装 3トップスル・スクーナー[2]
速力 5ノット[6]、または3.0ノット[5]
乗員 1873年10月定員:65名[8]
1874年時総員:16名[9]
兵装 砲 6門[10][4][注釈 1]
または[6]
5.9インチ砲 1門
5.5インチ後装砲 1門
1874年時[11]
60ポンド・ヘトロッケン砲 1門
40ポンド・フレッケレー砲 1門
20ポンド・フレッケレー砲 2門
その他 船材:[12]
テンプレートを表示

丁卯十干十二支のひとつで、幕末では慶応3年(1867年)に当たる[4]。 この年にイギリスで建造された長州藩の軍艦が後の第一丁卯(本艦)と第二丁卯となる。 長州藩では建造年で命名する決まりがあったため、第一第二を付加して区別したと思われる[4]

艦型編集

要目編集

右上表の要目中、主要寸法は『幕末の蒸気船物語』[6]や『公文類纂』[1]等による。 排水量を125トンとする資料が多いが主要寸法が正しいとすると、明らかに間違いになる[13]。 船体の主要寸法も出典により差違があり、以下に主な文献の値を掲げる。

  • 『日本近世造船史 明治時代』:長さ126 ft (38.40 m)、幅21 ft (6.40 m)、吃水欄空白[2]
  • 『日本海軍艦船名考』(1928):長さ126尺(38.18m)、幅21尺(6.36m)[12]
  • 『日本海軍史』第7巻:長さ39.4m、幅6.6m、吃水2.4m[5]

艦歴編集

建造時の仮称はヒンダ(Hinda)[14][6] (またはベンダ[4])と称し、 イギリスロンドンで建造[1]、 慶応4年1月(1868年1月から2月)に長州藩が購入、 当初の艦名は丁卯丸と呼ばれた[3]。 別の文献では発注が慶応2年(1866年)で、竣工と日本回航が慶応4年(1868年)という資料もあるという[4]

同慶応4年2月20日(1868年3月13日)に明治政府が徴発し、同年5月(同7月)の寺泊沖海戦で旧幕府輸送艦順動丸を自沈に追い込む。翌年の箱館湾海戦に参加した。

明治3年(1870年)に政府に献納、同年5月8日(1870年6月6日)に兵部省所管となり第一丁卯(艦)と改名された。 同年5月(1870年6月頃)第一丁卯はイギリスの測量船と共に南海の測量を開始した[15]。 測量は11月(1870年12月から翌年1月)に終了し、第一丁卯は神戸に到着した[16]

翌明治4年11月15日(1871年12月26日)に六等艦と定められた。

1873年(明治6年)1月から8月までは測量任務に従事している。

1875年(明治8年)にラッコ密漁取り締まりの為に択捉島に派遣されていたところ、8月9日に濃霧のために針路を誤り、同島西岬に座礁して破壊された[4]。 なお当時の艦長日清戦争際は第一遊撃隊司令官となる坪井航三だった[4]

艦長編集

  • 杉盛道:明治3年3月(1870年4月)[17] - 明治4年10月2日(1871年11月14日)[18]
  • 伊東祐亨 大尉:明治4年(1871年)11月 - 明治5年(1872年)2月[19]
  • 磯辺包義 大尉:明治5年3月5日(1872.4.12) - 1873年1月12日[20]
  • 磯辺包義 大尉:1873年8月23日 - 1873年10月28日[20]
  • 坪井航三 少佐:1874年8月13日 - 1876年3月9日[21]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『日本海軍史』第7巻pp.224-225では、砲8門としている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f #M7公文類纂13/管轄(1)画像22、所管艦船
  2. ^ a b c d 造船史明治 1973, p. 129.
  3. ^ a b #海軍歴史23船譜(1)画像13
  4. ^ a b c d e f g h i j 片桐 2014, pp. 202-203.
  5. ^ a b c 『日本海軍史』第7巻pp.224-225
  6. ^ a b c d e f g h i j 元綱 2004, pp. 141-142.
  7. ^ a b #機関史(1975)別冊附表2-1(表3)、我海軍機関発達大体年表
  8. ^ #海軍制度沿革10-1(1972)pp.153-155、明治6年10月闕月(軍務局)艦船乗組定員
  9. ^ #M7公文類纂13/管轄(1)画像35
  10. ^ a b #近世帝国海軍史要(1974)p.883
  11. ^ #M7公文類纂13/管轄(1)画像46-47
  12. ^ a b c 浅井 1928, pp. 23-24、丁卯 ていばう teibô
  13. ^ 元綱 2004, p. 141.
  14. ^ 『日本海軍史』第7巻p.462。
  15. ^ #M1-M9海軍省報告書画像13、明治3年5月。
  16. ^ #M1-M9海軍省報告書画像14、明治3年11月。
  17. ^ #M1-M9海軍省報告書画像12、明治3年3月。
  18. ^ 『日本海軍史』第10巻、144頁。
  19. ^ 『日本海軍史』第9巻、7頁。
  20. ^ a b 『日本海軍史』第9巻、665頁。
  21. ^ 『日本海軍史』第9巻、315頁。

参考文献編集

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『記録材料・海軍省報告書第一』。Ref.A07062089000。(国立公文書館)
    • 『公文類纂 明治7年 巻13 本省公文 艦船部1/管轄(1)』。Ref.C09112101900。
    • 『海軍歴史 巻之23 船譜(1)』。Ref.C10123646500。(勝海舟『海軍歴史』巻23。)
  • 浅井将秀/編『日本海軍艦船名考』東京水交社、1928年12月。
  • 海軍省/編『海軍制度沿革 巻十の1』明治百年史叢書 第182巻、原書房、1972年4月(原著1940年)。
  • 海軍有終会/編『近世帝国海軍史要(増補)』明治百年史叢書 第227巻、原書房、1974年4月(原著1938年)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。ISBN 4-7698-0386-9
    • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝<普及版> 全八六〇余隻の栄光と悲劇』潮書房光人社、2014年4月(原著1993年)。ISBN 978-4-7698-1565-5
  • 造船協会/編『日本近世造船史 明治時代』明治百年史叢書 第205巻、原書房、1973年(原著1911年)。
  • 日本舶用機関史編集委員会/編『帝国海軍機関史』明治百年史叢書 第245巻、原書房、1975年11月。
  • 元綱数道『幕末の蒸気船物語』成山堂書店、2004年4月。ISBN 4-425-30251-6

関連項目編集