この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

(ディン・トアン、ベトナム語: Đinh Toàn)は、丁朝大瞿越の第2代皇帝。後世には丁廃帝(ディン・フェ・デ、ベトナム語: Đinh Phế Đế)とも称される。陳仲金ベトナム史略』では丁穂(ディン・トゥエ、ベトナム語: Đinh Tuệ)と表記される。

廃帝 丁
丁朝
第2代皇帝
Dinhtoan.jpg
像(ホアルー丁先皇廟)
王朝 丁朝
在位期間 979年 - 980年
姓・諱
生年 太平5年(974年
没年 応天8年(1001年
先皇
楊雲娥
元号 太平 : 979年 - 980年

生涯編集

丁部領の次男として生まれた。太平9年(978年)、父帝から衛王に封じられた。太平10年(979年10月、父帝と兄の丁璉が祗候内人の杜釈中国語版に殺害されると、丁阮匐中国語版黎桓らによって皇帝に擁立された。十道将軍の黎桓が摂政・副王として実権を握り、丁は事実上の傀儡であった。阮匐・丁佃ベトナム語版が黎桓の専横に反対して兵を起こしたが、黎桓によって鎮圧された。太平11年(980年)7月に黎桓が帝位につくと、丁は元の衛王に戻された。応天8年(1001年)、太祖黎桓が錦水で起きた反乱を鎮圧するのに付き従った際、流れ矢に当たって戦死した。

先代:
先皇
丁朝の第2代皇帝
979年 - 980年
次代:
滅亡