株式会社七つ森書館(ななつもりしょかん)は日本の出版社。1985年(昭和60年)5月30日に設立。代表取締役の中里英章は、東京大学名誉教授(南アジア史)の中里成章の弟。物理学者の高木仁三郎に師事した。社名は宮沢賢治の詩の一節からとられている。

株式会社七つ森書館
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
113-0034
東京都文京区湯島2丁目2番5号
設立 1985年昭和60年)5月30日
業種 情報・通信業
法人番号 2010001005763 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役 中里英章
外部リンク http://www.pen.co.jp/ - ウェイバックマシン(2000年8月16日アーカイブ分)
テンプレートを表示

概要編集

高木仁三郎著作集』(全12巻)の刊行など、脱原発系の書目で知られる。

2004年、平和をめざす翻訳者たち編『世界は変えられる』により日本ジャーナリスト会議の市民メディア賞受賞。

2010年、村山常雄『シベリアに逝きし46300名を刻む』、原子力資料情報室『原子力市民年鑑2009』、布施哲也『官製ワーキングプア』、山口二郎編著『ポスト新自由主義』などのような、同社が標榜する“市民出版”の理念に基づき、現代の当面する課題に根源的に迫った出版活動が評価され、第25回出版梓会出版文化賞特別賞受賞。

2019年、中里英章が急死したため事業を精算。

同社の自費出版ビジネスは詐欺行為であるとして、中里英章と子息の中里草大及び同社の関係者が「人を騙し奪い取った金で生きて来た事をせめて己の命が尽きる時に思い返すように!」と強く批判されている[1]。同社の社員には吉岡正志や金子なおかがいた[2][3]

評論家の佐高信は同社から22冊の著書を刊行したが、印税が未払いで「被害額は2000万円」に上ると苦言を呈した[4]

主な刊行物編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

外部リンク編集