メインメニューを開く

七シコブチ」とは、京都府滋賀県を流れる安曇川流域固有の信仰神である「しこぶち神」を祀る主要な7社の総称。7社にはいずれもガワタロウ(河童)伝説が残る。「しこぶち」は、思子淵、志古渕、信興淵などと表記される。

目次

七シコブチ編集

久多 思古渕社(志古淵神社)編集

京都府京都市左京区久多中の町に鎮座。花笠踊は無形文化財に指定されている。

小川 思子淵神社編集

滋賀県高島市朽木小川に鎮座。毎年輪番に宿を決めて集まり、床の間に神軸(「思子淵神社」と書かれている)を掛けてお供えをし、赤飯を炊いて会食する思子淵講があった。大般若経を有し、いずれも文化財に指定されている。

坂下 思子渕大明神編集

滋賀県大津市葛川坂下に町鎮座。大岩の上に鎮座する小さな祠に祀られている。

坊村 信興淵大明神編集

滋賀県大津市葛川坊村町に鎮座。地主神社の境内社として祀られている。葛川明王院の創始にまつわる伝承がある。

梅の木 志子渕神社編集

滋賀県大津市梅の木町に鎮座。近年まで、陰暦十月七日が祭日であった。

岩瀬 志子淵神社編集

滋賀県高島市朽木岩瀬に鎮座。志子淵神を「筏流しの神様」として祀り、毎年志子淵講が行われる。

中野 思子淵神社編集

滋賀県高島市安曇川町中野に鎮座。

ガワタロウ伝説編集

関連項目編集

外部リンク編集