メインメニューを開く

日本における七大都市圏(ななだいとしけん)とは、三大都市圏である関東大都市圏中京大都市圏近畿大都市圏に、地方中枢都市圏札幌大都市圏仙台大都市圏広島大都市圏北九州・福岡大都市圏を加えた7つの大都市圏の総称である。

三大都市圏より広域の全国に存在する大都市エリアを総称する言葉として、1969年(昭和44年)策定の新全国総合開発計画(新全総)で使用され[1]、その後も官民問わず使用されている[2]

人口、面積及び人口密度等[3][4]
人口 面積
(km2
人口密度
(人/km2
法人数 事業所数 全従業者数 中心市
札幌大都市圏 2,636,254 4,997 528 70,849 100,943 1,184,772 札幌市
仙台大都市圏 2,256,964 6,504 347 60,898 94,623 1,035,565 仙台市
関東大都市圏 37,273,866 13,452 2,771 992,487 1,461,998 18,959,573 さいたま市千葉市東京都特別区部横浜市川崎市相模原市
中京大都市圏 9,363,221 7,271 1,288 247,666 407,215 4,776,127 名古屋市
近畿大都市圏 19,302,746 13,228 1,459 489,143 841,360 9,240,159 京都市大阪市堺市神戸市
広島大都市圏 2,096,745 5,047 415 60,989 94,853 1,029,494 広島市
北九州・福岡大都市圏 5,538,142 5,741 965 145,430 242,902 2,593,945 北九州市福岡市

他の○大都市圏との関係編集

脚注編集

関連項目編集