七宗町営バス(ひちそうちょうえいバス)は、岐阜県加茂郡七宗町が運行しているコミュニティバス七宗町自主運行バスともいう。

委託運行では無く、町が直接運行する。

概要編集

  • 1972年(昭和47年)運行開始。
  • 運賃は距離で決められているが、基準賃率は路線によって異なる。
  • 七宗町には、かつて岐阜バス川辺七宗線と関上之保(神渕)線(関商工 - せき東山 - 神渕)が存在したが、河辺七宗線の廃止に続いて関上之保(神渕)線も1999年(平成11年)に廃止。

路線編集

  • 神渕A線(杉洞線)
    • 生きがいセンター前 - 上麻生駅 - 役場前 - 落合 - 小穴 - 下市場 - 朝張前 - 杉洞
  • 神渕B線(間見線)
    • 上麻生駅 - 役場前 - 落合 - 葛屋 - 神渕支所前 - 間見口 - 牛ヶ洞 - 間見
  • 川並線
    • 上麻生駅 - 生きがい健康センター前 - 麻生橋 - 鈴ヶ谷[1] - 大柿橋 - 柿ヶ野
  • 中麻生線[2]
    • 上麻生駅 - 生きがい健康センター前 - 七宗橋 - 中麻生 - 大貝戸

脚注編集

  1. ^ 八百津町内にある
  2. ^ 児童用のスクール専用のバスもあり、児童同伴なら一般も乗車可能。

外部リンク編集