七戸 康博(しちのへ やすひろ、男性1961年昭和36年)9月2日 - )は、日本空手家極真連合会八段[1])。青森県出身、沖縄県在住。一般社団法人 国際空手道連盟 極真会館理事長、NPO法人極真会館沖縄県支部支部長[2]

しちのへ やすひろ
七戸 康博
生誕 (1961-09-02) 1961年9月2日(58歳)
日本の旗 日本 青森県深浦町(旧岩崎村
別名 本部の怪物
職業 空手家
団体 極真会館沖縄県支部
流派 極真会館
身長 185cm
体重 110kg(現役時)
肩書き 理事長・師範
公式サイト http://www.kyokushinokinawa.com/

来歴編集

1961年(昭和36年)、青森県岩崎村(現深浦町)に生まれる。

1980年(昭和55年)、高校卒業とともに上京し、極真会館総本部に入門(東京池袋)、翌年には初段位を取得。

1988年(昭和63年)、大山総裁より沖縄県支部長に任命される。

1993年平成5年) 、五段位を取得(大山倍達公認)。

2004年(平成16年)、七段位を取得(全日本極真連合会公認)。

2014年(平成26年)、一般社団法人 国際空手道連盟 極真会館(全日本極真連合会)の理事長に就任。

成績編集

人物・エピソード編集

大会は第12回全日本に初出場以来、第13回大会を除き、第6回世界大会まで連続出場。

全日本ウェイト制重量級では4度のチャンピオンに輝いている。通算成績は88戦70勝18敗。

全日本選手権は4位が最高、全世界選手権では7位が最高と入賞を果たすが、優勝を獲得することができなかった。しかし、その攻撃力は怪物と呼ばれた。

長男は柔道世界選手権100kg超級で2年連続銀メダルを獲得した七戸龍[3][4]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集