メインメニューを開く
七日町交差点付近
七日町通りに面する中央公民館(アズ七日町)
本町付近
中心街100円循環バス

七日町商店街(なのかまちしょうてんがい)は、山形県山形市にある商店街

目次

概要編集

1964年2月1日に七日町商店街振興組合が発足。市の中心部に位置する商店街である。2017年10月現在の組合員数は82。

かつては十日町角から七日町十字路(七日町四辻)までアーケードが設けられていたが、老朽化のため撤去され、歩道には無散水消雪設備が設置されたほか、電線地中化も推進された。

大型店の市郊外へ進出や、買い物客の仙台市への流出などから、往時に比べ客足は減少しているが、市や山形商工会議所などと共に商店街活性化に取り組んでいる。

2000年から商店街には中心街循環バスが運行されており、2017年7月からは現行の循環バス「コミュニティ西部」と「中心街100円」、新設の「コミュニティ東部」を組み合わせ、コミュニティバス「ベニちゃんバス」が運行されている。

1989年に食料品流通改善協会から第12回優良経営食料品等小売店全国コンクール農林水産大臣賞を受賞。2006年5月に中小企業庁による「がんばる商店街77選」に選出。2018年3月には経済産業省中小企業庁から「はばたく商店街30選」に選定される[1]

年表編集

  • 1917年 - 市内の宮崎合名社が七日町の芝居小屋「旭座」の一部を使って映画の上映を始める。付近の通りは「旭座前通り」と呼ばれるようになった[2]
  • 1932年 - 「旭座前通り」が「旭銀座」と呼ばれるようになる。1961年時点で、市内中心部だけで13軒の映画館があり、七日町周辺は9軒、このうち旭銀座には6軒の映画館があった[3]
  • 1987年 - 七日町一丁目に山形市中央公民館が入る複合商業施設「AZ七日町」がオープン[4]
  • 1988年11月19日 - AZ七日町の南隣に再開発ビル「TAN6 SQUARE」がオープン。
  • 1995年、「旭銀座」が「シネマ通り」と呼ばれるようになる[5]
  • 2000年8月20日 - 七日町二丁目で営業していた山形松坂屋が閉店[6]
  • 2003年12月6日 - 七日町二丁目の緑屋山形店や電巧堂山形店が出店していたビル跡地および周辺が再開発され、商業施設とイベント広場(ほっとなる広場公園)からなる「E-NAS(イイナス)」が開業。
  • 2007年11月30日 - 七日町四丁目のシネマ旭が閉館[7]。かつては300メートルほどの通りに6軒の映画館がひしめく「シネマ通り」であったが、これによって最後の1軒が閉館となった[8]
  • 2010年4月 - 山形五堰の七日町御殿堰が再整備され、近接して商業施設「七日町御殿堰」が開業。
  • 2012年10月 - 七日町一丁目のCOCO21ビル(旧称:寿ビル。ジャスコ山形店、ヤマザワ七日町店、富士銀行山形支店などがテナントとして入る)の跡地に建設された地上20階、130戸シティタワー山形七日町が竣工。
  • 2016年
    • 6月末 - 七日町四丁目の料亭「のゝ村」が閉店[9]
    • 9月1日 - 七日町二丁目の「セブンプラザ」と周辺区域が再開発されることが明らかとなる[10]。再開発によって20階建ての住宅棟と、2階建ての商業棟が2020年10月にオープンを予定する[11]
  • 2017年
    • 3月25日 - 七日町一丁目の七日町商店街駐車場跡地に建設された街なかコミュニティ機能型交流拠点「N-GATE(エヌゲート)」の駐車場部分が開業[12]
    • 4月8日 - 七日町一丁目にジョインセレモニーによるブライダル複合施設「オワゾブルー山形」が開業[13]
    • 4月22日 - N-GATEがグランドオープン[14]
    • 7月 - 七日町二丁目の陶商ビル(旧称:蜂谷ビル)がオーナー交代によってプラザビル七日町に名称変更[15]
  • 2018年
    • 7月14日 - 山形市役所前から七日町商店街にかけて東北芸術工科大学が主催する音楽文化イベント「オトナルヤマガタ’18」の一環として、同大学の学生約50人が中心となり、シネマ通りを含む「七日町通り」のとんがりビルや郁文堂書店などで映画を上映[16]

脚注編集

  1. ^ 「はばたく商店街30選」”. 中小企業庁. 2018年9月17日閲覧。
  2. ^ “<山形>映画館消えた「シネマ通り」1日だけ復活 学生企画(毎日新聞) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000017-mai-soci 2018年7月9日閲覧。 
  3. ^ “<山形>映画館消えた「シネマ通り」1日だけ復活 学生企画(毎日新聞) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000017-mai-soci 2018年7月9日閲覧。 
  4. ^ “店舗撤退で公共化進む山形・七日町、AZも公共化検討へ-再開発に期待かける七日町(2)”. 都商研ニュース. (2016年9月24日). http://toshoken.com/news/7456 2017年7月7日閲覧。 
  5. ^ “<山形>映画館消えた「シネマ通り」1日だけ復活 学生企画(毎日新聞) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000017-mai-soci 2018年7月9日閲覧。 
  6. ^ 「山形松坂屋、最後の営業 44年の歴史に幕 市街地の空洞化に懸念も」『毎日新聞』山形版 2000年8月21日
  7. ^ “シネマ旭、90年の歴史に幕/施設老朽化 興行成績悪化で”. 山形コミュニティ新聞. (2007年12月14日). http://www.yamacomi.com/608.html 2017年7月7日閲覧。 
  8. ^ “<山形>映画館消えた「シネマ通り」1日だけ復活 学生企画(毎日新聞) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000017-mai-soci 2018年7月9日閲覧。 
  9. ^ “山形市の料亭「のゝ村」140余年の歴史に幕/売上減と後継者不在で”. 山形コミュニティ新聞. (2016年5月27日). http://www.yamacomi.com/5864.html 2017年7月22日閲覧。 
  10. ^ “セブンプラザ周辺を再開発へ 山形・商業施設入るマンションに”. 山形新聞. (2016年9月2日). http://yamagata-np.jp/news/201609/02/kj_2016090200026.php 2017年7月7日閲覧。 
  11. ^ “セブンプラザ周辺の再開発、20年10月オープンへ 山形市”. 山形新聞. (2017年11月7日). http://yamagata-np.jp/news/201711/07/kj_2017110700137.php 2017年11月26日閲覧。 
  12. ^ “名称は「エヌゲート」、ロゴマークも完成 山形・七日町の街なか交流拠点”. 山形新聞. (2017年3月24日). http://yamagata-np.jp/news/201703/24/kj_2017032400492.php 2017年7月22日閲覧。 
  13. ^ “オープン日に挙式、街行く人々も祝福 オワゾブルー山形”. 山形新聞. (2017年4月10日). http://yamagata-np.jp/news/201704/10/kj_2017041000194.php 2017年7月7日閲覧。 
  14. ^ “七日町「エヌゲート」オープン 山形・移転の「あ~べ」に親子連れ”. 山形新聞. (2017年4月22日). http://yamagata-np.jp/news/201704/22/kj_2017042200484.php 2017年7月22日閲覧。 
  15. ^ “陶商ビル「プラザビル七日町」に”. 山形コミュニティ新聞. (2017年6月23日). http://www.yamacomi.com/6612.html 2017年7月7日閲覧。 
  16. ^ “<山形>映画館消えた「シネマ通り」1日だけ復活 学生企画(毎日新聞) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000017-mai-soci 2018年7月9日閲覧。 

近隣施設編集

外部リンク編集