七曜(しちよう)とは、肉眼で見える惑星五行と対応させた火星水星木星金星土星と、太陽陰陽)を合わせた7つの天体のことである。七曜星とも言う。

七曜(しちよう)は、古代中国の天文学で、日(太陽)と月と五惑星(木・火・土・金・水)を併せたものです。「曜」本義日光と、後の日、月、星を「曜」を理解して明るい天体。古代中国の占星術にも重視されたようです[1]。漢の宗室劉洪(りゅうこう)乾象暦と七曜術を編纂したことで知られる。晋范宁「春秋穀梁伝序」「陰陽を延ばす度、七曜を満ちて縮める。」、杨士勋疎:「ものの七曜者、日月五星の写真と思うが、故の曜。」。単なる日を数える手段ですが、史料のように二十八宿と結びついて暦に記載されます[2][3]

近代天文学が発達する以前は、恒星よりもはるかに明るく見え、天球から独立して動くという点で、惑星と太陽と月は同種のものと(言い換えれば太陽と月も惑星に含めて)考えられ、また、世界各地で神々とも同一視され、特別の扱いを受けていた。

  • 現在のは七曜がもとになっている。
本来の順番は、天球上の動きが遅い(=地球から遠い)順に、土星から始まり月で終わる(土星・木星・火星・太陽・金星・水星・月)と考えられた。やがて土星を初めとして現在よく知られている順番(土星・太陽・月・火星・水星・木星・金星)で一日ずつを守護するとされ、七曜の内のある天体が守護する日をその天体の曜日と呼んだ。
日食に関係している羅府、計都を七曜に加える。

関連項目編集

  • ^ 書。舜典「で」璇玑すぎて七政を斉。」孔颖达「七政し、その政七、于玑衡察の、必ず天者、お知らせ七政謂日月と五星も。木曰曰木星、火扇動星曰本镇星金、土、曰本太白水曰、暁の星。「易.系辞』の雲:日のように見えて、(現)吉凶、聖人のような。この日月五星、吉凶の象のように、その変動を占めて、七者それぞれ異政、故を七政。損得は政と政。」
  • ^ 渡邊敏夫『暦入門―暦のすべて (生活文化史選書) 』(雄山閣、2012年)
  • ^ 岡田芳朗 、後藤晶男、伊東和彦、松井 吉昭『暦を知る事典 』(東京堂出版、2006年)