七瀬川(ななせがわ)は、大分県大分市南西部を流れる大分川水系一級河川である。

七瀬川
Nanase River.jpg
七瀬川自然公園付近から上流側を望む
水系 一級水系 大分川
種別 一級河川
延長 27.527 km
平均流量 -- m³/s
(--)
流域面積 93 km²
水源の標高 -- m
河口・合流先 --
流域 大分県
テンプレートを表示

地理編集

大分市野津原地区の豊後大野市との境界付近の山中に源を発し、野津原地区の中心部、大分市南西郊外の住宅地を通って、国道210号府内大橋のやや上流で本流の大分川と合流する。

上流編集

上流部は渓流となっており、オオイタサンショウウオカジカガエルが生息している[1]。。

上流部の河内川との合流点付近に、ロックフィルダムななせダム(旧称:大分川ダム)2019年11月に完成した。[2][3]

中流・下流編集

中流から下流にかけては、里山の中を流れ、やがて大分平野に出る。七瀬川の流域では、国道442号の胡麻鶴橋付近など、大分市街地からそれほど離れていない場所でも、ゲンジボタルが見ることができ、大分市七瀬川ホタル保護地区としてふるさといきものの里100選に選ばれている。また、アユの生息地であり、大分川との合流点付近は、大分川水系で唯一の水産資源保護法による保護水面に指定されている[4]

1996年度(平成8年度)には、大分川との合流点の約3km上流の大分市市地区に、洪水被害の軽減のために蛇行部をショートカットした市捷水路(いちしょうすいろ)が完成した。捷水路と旧川に挟まれた河川空間には、広場や遊具などを備えた広さ約14haの七瀬川自然公園が整備され、市民に利用されている[5][6]

平野部の河岸の丘陵には、大分臨海工業地帯の開発に伴い、昭和40年代から大規模な住宅団地が開発されている[6]

生物編集

七瀬川には以下の絶滅危惧種環境省レッドデータブックまたは大分県レッドデータブック記載。準絶滅危惧を含む。)の生物が生息している[7]

流域の自治体編集

主な支流編集

  • 河内川
  • 裏谷川
  • 朝海川
  • 太田川
  • 浅内川

流域の名所・旧跡編集

並行する交通編集

道路編集

脚注編集

外部リンク編集