メインメニューを開く

七田 眞(しちだ まこと、1929年7月28日 - 2009年4月22日)は日本の教育研究家。

しちだ まこと
七田 眞
生誕 1929年7月28日
死没 (2009-04-22) 2009年4月22日(79歳没)
職業 教育研究家
著名な実績 七田式教育を提唱。
肩書き しちだ・教育研究所会長
公式サイト 七田式オフィシャルサイト

略歴編集

中国東北部生まれ[1]島根県出身。

1958年島根県江津市に「児童教育研究所」というを開いた。高校生クラスからAFS日本協会試験の合格者を出すなど、次第に評判を呼び、その後、「右脳」の力を引き出すことを目的とした幼児教育七田式教育)を提唱した。

『0歳教育』を提唱して反響を呼び、1976年江津市に本部教室を開設。

1978年には「有限会社七田児童教育研究所」(現「株式会社しちだ・教育研究所」)を創立するとともに、日本国内での展開を開始。1987年からは七田式教室校長を務めている。2000年から海外展開も始まり、現在19の国と地域に広げている。

2009年4月22日東京都新宿区内の病院で死去[1]。79歳没。

著書編集

2011年編集

2010年編集

2009年編集

2005年編集

2004年編集

2003年編集

2002年編集

2000年編集

1997年編集

1996年編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集