メインメニューを開く

七色仮面』(なないろかめん)は、日本テレビドラマ変身ヒーローを題材とした特撮作品で、1959年6月3日から1960年6月30日までNET系で放映された。1960年1月7日の第5部から主演波島進から千葉真一へ交代、タイトルも『新 七色仮面』(しんなないろかめん)と改められた。制作は東映スポンサーカバヤ食品の一社提供。#映画#漫画化もされている。

七色仮面
ジャンル 冒険活劇特撮
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET
監督 島津昇一・相野田悟・鈴木敏郎
原作 川内康範
脚本 川内康範・結城三郎・松原佳成
出演者 波島進千葉真一
オープニング キング子鳩会近藤よし子
「七色仮面の歌」
七色仮面(第1部)
放送時間 水曜日 18:15 - 18:45(30分)
放送期間 1959年6月3日 - 8月5日[1](10回)
七色仮面(第1部)
放送時間 木曜日 18:15 - 18:45(30分)
放送期間 1959年8月13日 - 8月20日(2回)
七色仮面(第2 - 4部)
放送時間 木曜日 18:15 - 18:45(30分)
放送期間 1959年8月27日 - 12月30日(21回)
新 七色仮面
放送時間 木曜日 18:15 - 18:45(30分)
放送期間 1960年1月7日 - 6月30日(26回)

特記事項:
制作:東映
テンプレートを表示

目次

テレビドラマ編集

概要編集

月光仮面』の川内康範が、七つの顔を持つ男・多羅尾伴内をモチーフにして作り上げた。東映初の仮面ヒーローものであり[2]、『月光仮面』と並び黎明期のテレビ番組を代表するヒーローである[1][3]。映画『月光仮面』を製作した東映が新たな連続テレビ映画の企画を川内に依頼し、自社制作のテレビドラマを再編集映画として公開する『東映特別娯楽版』の一本として、本作は製作された[2]。劇場公開を前提として35mmフィルムで撮影されており[4]、撮影費用は一本500万円という当時のテレビ番組としては破格の金額で製作された[3]

NETでの放送では、1960年1月25日[注釈 1]に23.7%の視聴率(世帯)を記録した[5]

波島版で七色仮面に扮していたのは「(波島進ではなく)別の俳優だった記憶がある」と“さそりの万吉”役の潮健児は証言している[4]。一方『新 七色仮面』から主人公を引き継いだ千葉真一は自らスーツアクターとして七色仮面に扮し、器械体操で培ったアクロバティックなアクションは、後に製作されていく変身ヒーローを題材とした作品にも大きな影響を与えていくこととなる[1][3]菩薩像を七色仮面のモデルにしたという説もあるが[6]、当初の企画では七色仮面のマスクが見る方向によって7種類の顔に見えるという設定であった[3]。しかし技術的に難しいことから「変装の名人」というキャラクターに変更された[3]。当時発売されていたメンコなどの関連商品が金色で塗色されていたので[4]モノクロ作品であるものの実物も金色であるとされていたが[4]、潮は「銀色だった」と証言している[4]。マスクの素材については不明であるが、京本政樹はマスクの分割方法が観音開きであることから、材質は張り子細工によるものではないかと推察している[7]

1992年公開された映画『七人のおたく』には登場人物の一人が七色仮面の扮装で現れており、本作をオマージュしている。

キャスト編集

  • 七色仮面 / 蘭光太郎(第1 - 4部):波島進
  • 七色仮面 / 蘭光太郎(第5 - 7部):千葉真一
悪のあるところ、高笑いとともに必ず現れる正義の使者・七色仮面。神出鬼没で変装の名人である私立探偵・蘭光太郎が変身した姿である。オープニングで宇宙から飛来したような描写があるものの、その出自は一切不明。二丁拳銃を駆使し、至近距離から撃たれても何ら影響を受けない不死身の身体に加え、瞬間移動能力や変身能力を持っている。第5部以降は機敏で軽快な動きも加わり、悪人を翻弄し追い詰める。
金有探偵事務所を構える私立探偵。探偵としてはいささか凡人である。
金有の助手。

ゲスト&作品リスト編集

七色仮面編集

第1部 コブラ仮面編集

日本全土を恐怖に陥れる悪の権化・コブラ仮面と正義の味方・七色仮面の対決や如何に?

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1959年
6月3日
蛇笛殺人事件 短剣使いの弟子:山本麟一[注釈 2]
2 6月10日 悪魔の哄笑
3 6月17日 呪われた秘密
4 6月24日 意外な証言
5 7月1日 恐るべき復讐
6 7月8日 七色仮面登場
7 7月15日 死の追跡
8 7月22日 迷探偵出動
9 7月29日 ホクロの謎
10 8月5日 魔の陥し穴
11 8月13日 深夜の大爆発
12 8月20日 南海の凱歌
第2部 キング・ローズ編集

仮面の怪人・キングローズが8000万円を積んだ現金輸送車を襲撃した。七色仮面と警官隊はキングローズをスタジアムに追い詰める。

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1959年
8月27日
台風圏下の犯行
2 9月3日 三つ数えろ
3 9月10日 悪の巣
4 9月17日 消えた紳士
5 9月24日 死よりの挑戦
6 10月1日 法が裁く
第3部 レッド・ジャガー編集

世界中のダイヤを我が物としようとする秘密結社ブラックハンドの怪人・レッドジャガーが偽造紙幣で世界中を混乱に陥れる。

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1959年
10月8日
黒い手の戦慄
2 10月15日 甦えった男
3 10月22日 国際ペテン師
4 10月29日 百万弗の対決
5 11月5日 地獄の罠
6 11月12日 拳銃埠頭
7 11月19日 最後の切り札
第4部 スリー・エース編集

日本の3探偵を殺し、大富豪の金の延べ棒を狙うのはスペード仮面だった。これにハート仮面とダイヤ仮面も加わり、七色仮面との対決が始まる。

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1959年
11月26日
悪魔の爪痕
2 12月2日 深夜の三巨頭
3 12月9日 真昼の誘拐指令
4 12月16日 暗黒の対決
5 12月23日 踊る黄金魔
6 12月30日 悪徳の果て

新 七色仮面編集

第5部 龍虎の地図編集

財宝の隠し場所を示す龍虎の地図を巡り、ゴールデンキングやブタンカンと七色仮面が戦う。

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1960年1月7日 影なき挑戦 鈴木敏郎 松原佳成
2 1月14日 新たなる強敵
3 1月21日 謎の怪人
4 1月28日 悪魔の巣窟
5 2月4日 危うし名探偵
6 2月11日 奇怪なる事実
第6部 毒蜘蛛に手を出すな編集

トルメニヤ国建設を企む毒蜘蛛一味の首領・サレンガは国の象徴となる神器として竜造寺コレクションを狙う。

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1960年
2月18日
戦慄の一夜
2 2月25日 迫りくる危機
3 3月3日 暗殺命令
4 3月10日 地獄の掟
5 3月17日 悪魔の招待状
6 3月24日 恐怖の館
7 3月31日 意外なる真相
第7部 日本は狙われている編集

日本を狙う外国資本とその外人陰謀団の暗黒大帝など、魅力ある悪役が七色仮面に挑む。

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1960年
4月7日[1]
日本は狙われている 第一回

伸之介

結城三郎
2 4月14日 日本はねらわれている その2
3 4月21日 日本はねらわれている その3
4 4月28日 日本はねらわれている その4
5 5月5日 日本はねらわれている その5
6 5月12日 日本はねらわれている その6
7 5月19日 日本はねらわれている その7
8 5月26日 日本はねらわれている その8
9 6月2日 日本はねらわれている その9
10 6月9日 日本はねらわれている その10
11 6月16日 日本はねらわれている その11
12 6月23日 日本はねらわれている その12
13 6月30日 日本はねらわれている 了

スタッフ編集

歌:キング子鳩会近藤よし子 / 作詞:川内康範 / 作曲:小川寛興 /

映画編集

第1部から第4部はそれぞれ総集編が「劇場版」として公開されている[2]

七色仮面(映画)編集

  1. 『七色仮面』1959年10月公開(74分)
  2. 『七色仮面 恐るべき復讐』1959年10月20日公開(74分)
  3. 『七色仮面 死の追跡』1959年10月27日公開(75分)
  4. 『七色仮面 南海の凱歌』1959年11月3日公開(76分)

第1部を再編集。全4本、スタンダードサイズ。

七色仮面 キング・ローズ編集

  1. 『七色仮面 キング・ローズ 悪魔の薔薇』1959年11月24日公開(50分)
  2. 『七色仮面 キング・ローズ 消えた紳士』1959年12月1日公開(49分)
  3. 『七色仮面 キング・ローズ 死者よりの挑戦』1959年12月8日公開(52分)

第2部「キング・ローズ」を再編集。全3本、シネスコサイズ。

七色仮面 レッド・ジャガー編集

  1. 『七色仮面 レッド・ジャガー 黒い手の戦慄』1960年1月15日公開(50分)
  2. 『七色仮面 レッド・ジャガー 百万弗の対決』1960年1月21日公開(60分)
  3. 『七色仮面 レッド・ジャガー 最後の切り札』1960年1月27日公開(50分)

第3部「レッド・ジャガー」を再編集。全3本、シネスコサイズ。

七色仮面 スリー・エース編集

  1. 『七色仮面 スリー・エース 悪魔の爪痕』1960年2月9日公開(50分)
  2. 『七色仮面 スリー・エース 真昼の誘拐指令』1960年2月16日公開(48分)
  3. 『七色仮面 スリー・エース 踊る黄金魔』1960年2月23日公開(50分)

第4部「スリー・エース」を再編集。全3本、シネスコサイズ。

映像ソフト編集

  • 1980年代に第1部~第4部の劇場版を収録したビデオ全4巻、及びテレビ版第5部・第6部を収録したビデオ全4巻が発売されている。
  • OP映像が2002年5月21日発売の『東映TV特撮主題歌大全集 Vol.1』のDVDに収録されている。
  • 2016年1月6日にベストフィールドより劇場版のDVD-BOXが発売。
  • 2016年9月14日にベストフィールドより第5部・第6部(『新 七色仮面』“千葉真一版”)のDVD-BOXが発売。

漫画編集

講談社の少年向け雑誌『ぼくら』に一峰大二の作画でマンガとしても連載され[8]鈴木出版より村山一夫の作画による漫画が全7巻刊行された。

参考文献編集

※異なる頁を複数参照をしている文献のみ。発表年順。

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 1960年1月25日は月曜日であり、本番組が放送されていた木曜日ではないが、出典のまま記した。
  2. ^ VHS用に編集された第1部総集編では登場シーンがカットされている。
  3. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、名称を「サマレン大総裁」と記載している[3]
出典
  1. ^ a b c d 超人画報 1995, p. 42
  2. ^ a b c 超人画報 1995, p. 43, Column「テレビと劇場でデビューした『七色仮面』」
  3. ^ a b c d e f 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、pp.48 - 49。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  4. ^ a b c d e HERO考証学 1992, p. 144
  5. ^ 『テレビ朝日社史 ファミリー視聴の25年』全国朝日放送、1984年、366頁。
  6. ^ 石橋春海 『COSMIC MOOK 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版、2013年、42頁。ISBN 978-4774758534
  7. ^ 『京本政樹のHERO考証学』144、147頁。
  8. ^ 超人画報 1995, p. 45.

外部リンク編集