メインメニューを開く
日本 > 新潟県 > 新潟市 > 中央区 (新潟市) > 万代 (新潟市)

万代(ばんだい)は、新潟県新潟市中央区町字。現行行政地名は万代一丁目から万代六丁目。住居表示実施済み区域[4]郵便番号は950-0088[2]

万代
万代橋通
万代橋通
北緯37度55分6.06秒 東経139度3分39.85秒 / 北緯37.9183500度 東経139.0610694度 / 37.9183500; 139.0610694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Niigata Prefecture.svg 新潟県
市町村 Flag of Niigata, Niigata.svg 新潟市
中央区
人口
2018年(平成30年)1月31日現在)[1]
 • 合計 4,013人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
950-0088[2]
市外局番 025 (新潟MA)[3]
ナンバープレート 新潟

目次

概要編集

昭和時代初期、大河津分水路の開通に伴う信濃川下流部の改修事業によって造成された「万代橋上流埋立地」のうち、右岸側の萬代橋下流側の埋立地と、萬代橋東詰周辺の地域から成る。

1968年(昭和43年)の住居表示施行に伴い付与された町名で、一丁目から六丁目までから成る[5]

新潟駅万代口と古町地域のほぼ中間点に位置し、このうち一丁目から八千代に掛けた地区に新潟交通が展開している商業地「万代シテイ」がある。1970年代前半から同社バスの運行拠点跡の再開発事業の一環で整備されたもので、開発当初は「新潟市の新都心」とも謳われた。

この万代シテイや周辺地区を含めて「万代」と呼ばれることもあり、古町地域と並ぶ新潟の経済の中心地となっている。2008年平成20年)策定の中心市街地活性化基本計画においては「万代地区」として3つの中心市街地(重点活性化地区)のひとつとして位置づけられ、同年策定の新潟市都市計画基本方針(都市計画マスタープラン)においては、「万代周辺地区[6]」として都心のひとつに位置づけられている。また、2018年(平成30年)に公表された「新潟都心の都市デザイン」においては都心軸上に位置づけられている(これらの計画は#外部リンクから参照)。

隣接している町字編集

北から東回り順に、以下の町字と隣接する。

※信濃川を挟んで下大川前通、川端町と隣接。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
万代一丁目 407世帯 577人
万代二丁目 433世帯 778人
万代三丁目 304世帯 623人
万代四丁目 92世帯 172人
万代五丁目 751世帯 1,532人
万代六丁目 184世帯 331人
2,171世帯 4,013人

歴史編集

年表編集

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
万代一丁目 全域 新潟市立南万代小学校 新潟市立宮浦中学校
万代二丁目 全域
万代三丁目 全域 新潟市立万代長嶺小学校
万代四丁目 全域
万代五丁目 全域
万代六丁目 全域

地域編集

一丁目編集

 
ラブラ万代

一丁目は新潟交通の路線バス高速バスが発着する万代シテイバスセンターを中心に、新潟アルタラブラ万代・ラブラ2など、テナント群を有する大型商業施設が立地している。このうちラブラ万代はダイエーの撤退後、三井不動産などにより商業施設として再開発されたもので、ロフト紀伊國屋書店ユニクロなどがテナントとなっている。

主な企業・施設
  • 朝日生命保険相互会社新潟ビル
  • JRA新潟中央競馬会新潟サービスセンター
  • 信用組合会館
  • 損保ジャパン・新潟セントラルビル
  • コープ野村万代
  • 鹿島建設北陸支店
  • NDK万代ビル
  • 新潟万代ビル

二丁目編集

八千代橋歩道から見た、万代・八千代の市街地。右側が八千代。中心付近が万代二丁目。

バスセンタービルと東港線を挟んだ向かい側の二丁目には国土交通省の出先が集積する同省新潟総合庁舎があったが、これら出先機関は中央区美咲町地内の新潟美咲合同庁舎への移転が順次進められ、2012年6月中旬までに全機関の移転を完了した。この跡地については、2018年夏現在の段階では具体的な開発計画はなく、用途は未定である[8]

また総合庁舎と同区画には地元家電量販店の「真電新潟本店」があったが、同社は2007年3月1日付で同業大手のノジマに吸収合併され、店舗再編により同年7月1日に閉鎖された。ノジマ側は新潟本店跡には再出店せず、施設の賃貸もしくは売却を行う意向を示していた。その後上越市のティーエスエスアソシエイツがこの本店跡の建物を2009年に取得、約8億円をかけて改装し、結婚式場「ザ・ジャポナイズ」が6月29日に開業した。

主な企業・施設
COZMIXビル
アデニウムタワー萬代橋
アーバンプレイス萬代橋
  • COZMIXビル
  • JT新潟
  • ダイダン新潟
  • 内堀照子舞踊研究所
  • アーバンプレイス萬代橋
  • 万代ホームズ
  • カーサ万代
  • 万代グレース
  • 新潟東京海上日動ビル
  • アデニウムタワー萬代橋
  • リヴィエール万代
  • リバービューSD
  • THEプレミア萬代橋

三丁目編集

 
新潟日報メディアシップ
 
ANAクラウンプラザホテル新潟

三丁目は、萬代橋通りと東港線の沿線を中心にオフィスビルが立ち並ぶ地域になっており、東港線十字路角には2013年春にオープンした新潟日報社の本社屋や文化施設、公共スペース、テナントスペースなどを内包する20階建の多機能複合型ビル「新潟日報メディアシップ」が所在する。

主な企業・施設
過去に所在した施設

四丁目編集

四丁目も三丁目と同様に萬代橋通りと東港線の沿線を中心に、オフィスビルが立ち並ぶ地域になっている。

主な企業・施設
  • 新潟テレコムビル
  • COZMIX2

五 - 六丁目編集

主な企業・施設

交通編集

道路編集

国道
県道
市道
  • ガルベストン通り

バス編集

万代シテイバスセンターを含む「万代シテイ」停留所が位置しており、BRT萬代橋ラインをはじめとした市内を走る路線バス高速バスが集積する。万代シテイバスセンター#外部リンクの図に掲載された停留所のほか、県道1号沿いには「万代一丁目」停留所が位置する。

水上バス編集

信濃川ウォーターシャトル
  • 万代シティ前のりば

脚注編集

注釈
出典
[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 (全市・区役所・町名別) - 町名別住民基本台帳人口”. 新潟市 (2018年2月13日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ 町名一覧表”. 新潟市 (2017年7月20日). 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ 角川地名15、p.1102
  6. ^ 都市計画マスタープラン(区別構想) (PDF) - 新潟市.2019年3月14日閲覧。
  7. ^ 通学区域一覧(町名別五十音索引)”. 新潟市 (2017年4月1日). 2018年3月5日閲覧。
  8. ^ 一等地・新潟万代地区に広がる空白 再開発の方向性見えず - 新潟日報モア.2018年8月9日付.2019年3月14日閲覧。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 編纂委員会『角川日本地名大辞典 15 新潟県』(株)角川書店、1989年10月8日。ISBN 4-04-001150-3

関連項目編集

外部リンク編集

計画等(新潟市HP)