メインメニューを開く

万平ホテル

万平ホテル(まんぺいホテル、MAMPEI HOTEL)は、長野県北佐久郡軽井沢町にある老舗ホテルである。軽井沢万平ホテルとも呼ばれる。運営は森トラストのグループ企業である株式会社万平ホテル

万平ホテル
Manpei hotel01s1600.jpg
ホテル概要
正式名称 万平ホテル
デベロッパー 森トラスト
運営 株式会社万平ホテル
前身 旅籠・亀屋
→亀屋ホテル
→萬平ホテル
レストラン数 3軒
部屋数 109室
開業 1894年
最寄駅 JRしなの鉄道軽井沢駅
最寄IC 上信越自動車道碓氷軽井沢IC
所在地 〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢925
位置 北緯36度21分27秒 東経138度38分31秒 / 北緯36.35750度 東経138.64194度 / 36.35750; 138.64194座標: 北緯36度21分27秒 東経138度38分31秒 / 北緯36.35750度 東経138.64194度 / 36.35750; 138.64194
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
万平ホテル入口
コンベンションホール「ザ・ハッピーヴァレイ(The Happy Valley)」。名前の由来はホテル裏手にある別荘地「幸福の谷」[1]

目次

歴史編集

江戸時代後期に、佐藤万右衛門が万平ホテルの前身となる旅籠「亀屋」を旧軽井沢銀座(現在の軽井沢郵便局付近)に開業。1886年明治19年)、避暑地としての軽井沢を、イギリスに気候・建物の雰囲気が似ていることもあり[2]高く評価し、後に軽井沢を日本の代表的な避暑地として世界に向けて紹介した聖公会宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーと、その友人の東京帝国大学英語教師ジェームズ・メイン・ディクソンが休業状態に陥っていた亀屋を訪れた[3]ことがきっかけとなり、当時の亀屋の主人であった佐藤万平(初代)は、外国人に応対する技術や生活習慣を学んだ。それを反映させる形で1894年(明治27年)に亀屋ホテルがオープン。現在はこの年に万平ホテル創業という位置付けがされている。

1902年(明治35年)、ホテルを旧軽井沢銀座から桜の沢に移転した[3]。また、名称を現在の「万平ホテル」にし、本格的なホテル営業を開始した。1918年大正7年)の初代佐藤万平死去後、万平の娘婿であり、万平と二人三脚でホテルを創り上げてきた佐藤国三郎が「二代目万平」を襲名。現在カフェテラス脇にある銅像は国三郎である。現在の本館アルプス館は1936年昭和11年)に完成したもので、設計は日光金谷ホテルも手掛けた久米権九郎[4]、施工は井上組である。

1943年(昭和18年)、太平洋戦争に伴い、軽井沢が外国人の強制疎開地に指定されたことを受けて、開戦当時日本と交戦状態になかったソ連トルコ大使館が万平ホテルに疎開。2年後の1945年8月には、日本を占領下に置いた連合国軍の1国であるアメリカ陸軍第8軍の接収により全館が営業を停止する。このとき、GHQの要請で冬季営業が可能となるように改造を施し、連合国軍将校向け宿泊基地としての機能を果たした。1952年に、アメリカ陸軍による接収が解除され通常営業を再開した。

2000年代に入って、2006年毎日新聞社主催・ヘリテージング100選や、2007年11月30日経済産業省近代化産業遺産に認定されるなど、近代遺産としての評価を受けている。

明治期に東郷平八郎、大正期に室生犀星堀辰雄ウォルター・ウェストンなど、昭和期には三島由紀夫ジョン・レノンなど、多くの著名人が宿泊した[5]

概要編集

木造建築のため全室禁煙となっている本館アルプス館をはじめ、ウスイ館、アタゴ館、コテージ(4名定員のファミリータイプ2棟と、2名定員のツインタイプ1棟)、コンベンションホール「ザ・ハッピーヴァレイ」から成る。その他に宴会場、会議室、売店、2面のテニスコート、レンタサイクル、100台収容可能の駐車場などを完備している。

また、館内には「万平ホテル史料室」がある。万平ホテル史料室には、ホテルの歴史に関する史料や調度品をはじめ、1964年東京オリンピック委員会からの感謝状や、1972年に当時日本の首相であった田中角栄と、アメリカ国家安全保障担当大統領補佐官ヘンリー・キッシンジャーが会談の際に座った椅子、一家で避暑の定宿としていたジョン・レノンが気に入ったとされるピアノなどが展示されている。

敷地内には東急リゾートサービスと提携し、万平ホテルが運営する全客室数22室の会員制リゾートホテル東急ハーヴェストクラブ軽井沢万平」があった。元々万平ホテル欅館として営業していた建物を利用して、1989年7月14日に開業した。万平ホテルとはホテル1階の通路で結ばれている。2009年7月「東急ハーヴェストクラブ軽井沢万平」の営業を終了。改装を加え、新たに万平ホテル「別館」として営業を開始。

料飲施設編集

  • メインダイニングルーム
    昭和初期の風俗を描いたステンドグラスがはめられている。絵の作者は宇野澤秀夫である[4]
  • 萬山楼 - 中国料理
  • 熊魚菴たん熊北店 - 京会席鉄板焼
  • 割烹熊魚菴 - 日本料理
  • バー
  • カフェテラス
    1976年から4年間、避暑のために滞在していたジョン・レノン[6]は、オノ・ヨーコと共にホテル1階のカフェテラスにて好物であるロイヤルミルクティーを注文したが、当時のメニューにはなかった。しかしその作り方をジョン自身が直伝し、以来ロイヤルミルクティー(John's favorite royal milktea)がメニューに存在している[7][8]が、現在はそのミルクティーに生クリームを加えたものを提供している[9]。また、ジョン・レノン・ミュージアム内にあった「ジョン・レノン・ミュージアム・カフェ」は万平ホテルが運営していた(2006年3月31日に閉店し、跡地は図書館になっている)。

沿革編集

株式会社万平ホテル
種類 株式会社
本社所在地   日本
105-0001
東京都港区虎ノ門二丁目3番17号
虎ノ門2丁目タワー
設立 1925年6月5日
(株式会社国際観光ホテル)
業種 サービス業
法人番号 1010401034074
事業内容 「万平ホテル」の保有・運営、ホテル・飲食店の運営受託およびコンサルティング
代表者 代表取締役社長:福田衛
資本金 1億円(2011年3月31日時点)
純利益 5400万円(2011年3月期)
純資産 14億9700万円(2011年3月31日時点)
総資産 17億3500万円(2011年3月31日時点)
従業員数 73人(2009年6月時点)
決算期 3月末日
主要株主 森トラスト株式会社 約75%
関係する人物 代表取締役会長 伊達美和子
支配人 山田敏彦
外部リンク http://mampei.co.jp/
特記事項:1894年創業。1990年に現商号へ商号変更。
テンプレートを表示
万平ホテル
  • 江戸時代後期 - 旅籠「亀屋」として開業。
  • 1894年(明治27年) - 亀屋をホテルに改装。「亀屋ホテル」へ改称、創業。
  • 1896年(明治29年) - 名称を亀屋ホテルから「萬平ホテル」に改める。
  • 1902年(明治35年) - 桜の沢に移転新築。名称は萬平ホテルから「万平ホテル」になる。
  • 1925年(大正14年) - 株式会社国際観光ホテルとして法人を設立。
  • 1936年(昭和11年) - 本館解体後、本館アルプス館完成。
  • 1963年(昭和34年) - 欅館(現在の東急ハーヴェストクラブ軽井沢万平)新築。
  • 1970年(昭和45年) - アサマ(浅間)館(会議室・桜の間)新築。
  • 1975年(昭和50年) - アタゴ(愛宕)館改築。
  • 1990年(平成2年) - 株式会社万平ホテルに社名変更。
  • 1997年(平成9年)2月 - 森ビル開発株式会社(現在の森トラスト株式会社)が資本・経営参加を開始。
  • 1999年(平成11年) - コテージ3棟「八ヶ岳」「白馬」「上高地」新築。
  • 2001年(平成13年) - ウスイ(碓氷)館を全面改築。
  • 2004年(平成16年) - 万平ホテル史料室オープン。
  • 2009年(平成21年) - 東急ハーヴェストクラブ軽井沢万平の営業を終了、改装を加え「万平ホテル 別館」として営業開始。
万平ホテル以外の株式会社万平ホテルが運営したホテル
  • 1927年(昭和2年) - 熱海万平ホテル開業。
  • 1931年(昭和6年) - 東京万平ホテル開業。
  • 1932年(昭和7年) - 八洲ホテル(後のホテルヤシマ)開業。
  • 1933年(昭和8年) - 名古屋万平ホテル開業。
  • 1937年(昭和12年) - 名古屋万平ホテル譲渡。
  • 1939年(昭和14年) - 東京万平ホテル閉鎖。
  • 1944年(昭和19年) - 熱海万平ホテル閉鎖。後に東京鉄道病院に売却。
  • 1945年(昭和20年)3月19日 - 空襲により、名古屋万平ホテル焼失。
  • 1957年(昭和32年) - ホテルヤシマ閉鎖。

関連項目編集

 
ショー記念礼拝堂
歴史の項で触れた、宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーが設立した万平ホテル公式ホームページに掲載されている挙式場の一つ。同じくホームページに掲載されている挙式場である聖パウロカトリック教会諏訪神社と共に挙式場予約やホテルからの送迎が可能である。
近隣施設であり、ホテル建設にあたっての工事監督を佐藤万平が、施工主は当時の万平ホテルと同じ小林代造がそれぞれ務めた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 軽井沢の道〜ささやきの小径から幸福の谷へ”. 北原陽子 in ライター生活. 2008年10月21日閲覧。
  2. ^ アレキサンダー・クロフト・ショーはカナダ人であるが、ショー家はスコットランドの名家であり、自身もロンドンの教会に勤務していた。
    "アレキサンダー・クロフト・ショー". 軽井沢観光ガイド. 2008年10月21日 閲覧。
  3. ^ a b 旧軽井沢 - 万平ホテル”. 軽井沢観光ガイド. 2008年10月21日閲覧。
  4. ^ a b 軽井沢万平ホテルの歴史 軽井沢万平ホテル第9回:アルプス館の竣工”. HOTEL CONCIERGE. 2008年10月21日閲覧。
  5. ^ じぶんの人生をじぶんでデザインする 軽井沢より実習報告”. 大阪YMCA国際専門学校 Blog. 2008年10月21日閲覧。
  6. ^ ジョン・レノン・ミュージアム”. ビートルズ・オフィシャル・ファン・クラブ・サイト:Bネット/The Beatles Internet Club:. 2008年10月21日閲覧。
  7. ^ クラシックホテルズ(軽井沢万平ホテル)”. HOTEL CONCIERGE. 2008年10月21日閲覧。
  8. ^ サエキけんぞう. “総武線猿紀行第96回”. ほぼ日刊イトイ新聞. 2008年10月21日閲覧。
  9. ^ 石川太郎. “いちご新聞 『ジョンの魂』”. TBC東北放送/Web Magazine Skip!. 2008年10月21日閲覧。

外部リンク編集