万斯同

万 斯同(ばん しどう、1638年 - 1702年)は、中国代の学者。季野。学者たちは石園先生と称した。寧波府鄞県の出身。万泰の八男で万斯大の弟。

略歴編集

生まれながら慧敏にして、異能の持ち主であった。45歳までに家蔵の書籍をすべて読破し、独学を主として古学に従い、広く経史に通じもっとも明代の掌故にくわしかった。1678年に博学鴻詞の科に推薦されたが、官職には就かなかった。のちに布衣(庶民)の身分で史局に参加し、『明史稿』500巻を自力で完成した。また、尚書であった徐乾学のために『読礼通考』200余巻を編纂した。その性格は営利を尊ばず、学友・弟子にはただ読書を勧めて学問をするよう励まし、互いに切歯琢磨することを望んだ。65歳で世を去ったときに、門人たちは貞文先生と諡した。

著書編集

  • 『石園詩文集』20巻
  • 『歴代史表』
  • 『紀元彙考』
  • 『宋季忠義録』
  • 『南宋六陵遺事』
  • 『庚申君遺事』
  • 『崑崙河源考』
  • 『河渠考』
  • 『儒林宗派』
  • 『石経考』
  • 『石鼓文考』
  • 『群書辯疑』
  • 『書学彙編』
  • 『周正彙考』
  • 『歴代宰輔彙考』
  • 『喪礼辯疑』
  • 『廟制折衷』
  • 『廟制図』

参考文献編集

  • 『清史稿』489
  • 『国朝先正事略』32
  • 『碑伝集』131
  • 『清代樸学大師列伝』13