メインメニューを開く

万葉倶楽部株式会社(まんようくらぶ、英文名称MANYO CLUB CO.,LTD.)は、日本の温泉施設・損害保険代理業旅館業などの運営企業[1]。本社は神奈川県小田原市代表取締役会長・高橋弘、代表取締役社長・高橋理[1]。全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開している。

万葉倶楽部株式会社
MANYO CLUB CO.,LTD.
Yokohama MinatoMirai Manyo Club.jpg
横浜みなとみらい 万葉倶楽部
種類 株式会社
略称 万葉倶楽部
本社所在地 日本の旗 日本
250-0011
神奈川県小田原市栄町1-14-48 ジャンボーナックビル8F[1]
設立 1997年(平成9年)2月3日[1]
業種 サービス業
法人番号 3021001032036
事業内容 温泉施設[1]
損害保険代理業[1]
旅館業[1]
代表者 高橋弘(代表取締役会長)・高橋理(代表取締役社長[1]
資本金 3,000万円[1]
売上高 217億円(2015年9月期)
従業員数 3,000名
決算期 9月末
外部リンク https://www.manyo.co.jp
テンプレートを表示

2012年7月に、ジャンボーホールディングス株式会社と万葉倶楽部株式会社が合併して、現在の万葉倶楽部株式会社となった。

目次

概要編集

万葉倶楽部株式会社は、日本ジャンボー株式会社が100%出資の子会社として1997年2月3日に設立(創業は1号館となる「東京・湯河原温泉 万葉の湯」が開業した同年4月21日)。当社の主事業は日帰りおよび宿泊温泉施設の店舗展開である。一方、日本ジャンボー(1960年12月設立)は元々写真現像などを手がける企業であり、今後の事業拡大を見込んで他業種への新規参入となった[2][3]

万葉の湯」または「万葉倶楽部」として、全国各地(北海道地方関東地方東海地方関西地方九州地方)に“都市温泉郷”を展開している[4]

沿革編集

万葉の湯・万葉倶楽部(温泉施設)編集

各館の営業時間は午前10時を起点とした24時間営業である(一部施設は午前10時から午前9時までの23時間営業)。また、深夜3時を過ぎると追加料金(深夜料金)が発生する。翌日9時以降も一時間ごとの追加料金で、最大2日間滞在することができる。一方、早朝入館(朝風呂)では割安の料金設定も実施されている。多くの施設で源泉の湯をタンクローリーで輸送して使用する、いわゆる「運び湯」と呼ばれる方式を採用している。日帰り入浴の他に無料の休憩スペースはもちろんのこと、別料金で宿泊設備や個室家族風呂等を設けている施設も多い。

北海道地方
  • 北海道 ふとみ銘泉 万葉の湯
北海道石狩郡当別町太美町1695に位置する。
  • 旭川高砂台 万葉の湯
北海道旭川市高砂台1丁目1-52に位置する。二股ラヂウム温泉の湯を使用。
関東地方
  • 東京・湯河原温泉 万葉の湯
東京都町田市鶴間7-3-1に位置する。2011年4月に全面建替リニューアルオープン。
  • 横浜みなとみらい 万葉倶楽部
神奈川県横浜市中区新港2-7-1に位置する。湯河原温泉および熱海温泉の湯を使用。
  • はだの・湯河原温泉 万葉の湯
神奈川県秦野市河原町2-54に位置する。
  • 小田原お堀端 万葉の湯
神奈川県小田原市栄町1-5-14に位置する。湯河原温泉の湯を使用。
東海地方
  • 沼津・湯河原温泉 万葉の湯
静岡県沼津市岡宮1208-1(沼津ぐるめ街道沿い)に位置する。建物1階部分は飲食店などが入った「沼津ぐるめ街道の駅 竜宮海鮮市場」(当社運営)。
関西地方
  • 神戸ハーバーランド温泉 万葉倶楽部
兵庫県神戸市中央区東川崎町1-8-1(プロメナ神戸の7F–16F)に位置する。
九州地方
  • 博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯
福岡県福岡市博多区豊2-3-66に位置する。由布院温泉および武雄温泉の湯を使用。

過去に運営していた施設編集

  • スパ・リゾート リバティ(旧 天然温泉 千亀利の湯 クアオルトリバティー 泉州健康センター)
大阪府岸和田市並松町25-17に位置していた。1988年3月オープン、2012年2月29日閉館。
  • 新千歳空港温泉 万葉の湯
北海道千歳市美々987-22(新千歳空港国内線ターミナルビル4F–6F)に位置する。フランチャイズ店として2011年7月15日オープン、2014年4月末をもって万葉の湯系列からは外れている(フランチャイズ契約解消)が、以降も「新千歳空港温泉」として営業を継続している。

万葉たび倶楽部(万葉グループ施設)編集

万葉倶楽部では旅館ホテル等の買収を進めており、リゾート宿泊施設のネットワーク「万葉たび倶楽部」として以下の施設を展開している。

過去に運営していた施設編集

  • 焼津・ホテル三景園 - 2014年8月閉館。なお、2015年10月には北海道函館市に本社を置く有限会社ホテルテトラが「ホテルテトラリゾート静岡やいづ」としてリニューアルオープンしている[6]

その他の運営施設編集

今後の計画編集

豊洲市場・千客万来施設事業編集

同社は東京都築地から移転となる豊洲市場においての「千客万来施設事業(6街区)」の事業予定者として、2016年3月4日、東京都より決定を受けた[7]。同事業は豊洲市場6街区(約1.1ha)に、飲食や物販など200店前後からなる「商業ゾーン」と、24時間営業の日帰り温泉施設及び宿泊施設で構成される「温泉・ホテルゾーン」を当社が代表を務める「チーム豊洲江戸前市場」が整備運営するもので、東京都から事業用定期借地権方式で50年間、月額721万円で土地を借り受ける。年間集客数は200万人弱を想定しており、総投資額は約180億円[8]

2016年3月時点の計画(スケジュール)では商業ゾーンは2018年8月、温泉・ホテルゾーンは2019年8月に開業予定としている[9]。しかし、豊洲市場に関する諸問題により2016年9月には都から整備設計の一時中止要請があり[10]、さらに2017年1月には着工の延期が決定された[11]

2017年6月に小池都知事が築地市場の再整備を行い、物流と食の観光拠点とすることを発表した[12][13]ことを受け、万葉倶楽部は採算が採れなくなることを理由に、撤退の意向を東京都に伝えた[14]

小田原駅東口お城通り地区再開発事業広域交流施設ゾーン整備事業編集

2016年12月、神奈川県小田原市が実施した「小田原駅東口お城通り地区再開発事業広域交流施設ゾーン整備事業」の公募型プロポーザルにおいて、同市から優先交渉権者として決定を受けた。同事業はJR小田原駅東口、神奈川県の西の「玄関口」となる場所に商業・業務施設と公共公益施設による複合集客施設を整備するというもので、ライブラリー(図書館)機能や子育て支援機能を始め、商業・業務・コンベンション・ホテル・広場・交通の各機能を導入する。市が用地を定期借地で貸し付け、同社が設計施工管理・運営を行う。基本協定締結後、2018年1月の定期借地権設定契約締結までに設計を進め、その後に着工、2019年秋までの完成を目指す。建設地は同市栄町1地内の5,984㎡[15]

番組スポンサー編集

関連項目編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 21世紀最初の日の開業となったが、この日には箱根小涌園の温泉テーマパーク「ユネッサン」もオープンしている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 万葉倶楽部グループ:会社概要(公式サイト内)
  2. ^ 万葉倶楽部・高橋弘会長 写真DPEチェーンを築き、温浴事業へと大胆な転換(ZAKZAK 2014年5月13日)
  3. ^ 平成17年3月中間期 会社説明資料 (PDF) (日本ジャンボー株式会社 2005年 (平成17年) 5月)
  4. ^ 万葉倶楽部グループ(公式サイト)
  5. ^ ホテル京都エミナース公式サイト
  6. ^ ホテルテトラ、2014年8月31日に閉館した旧焼津・ホテル三景園を「ホテルテトラリゾート静岡やいづ」としてリニューアルオープン 静岡県焼津市(遊都総研 2015年10月19日)
  7. ^ 千客万来施設事業(6街区)事業予定者の決定(東京都中央卸売市場プレス発表ページ 2016年3月4日)
  8. ^ 豊洲新市場に温泉登場で大江戸温泉とのバトル勃発!?(週刊ダイヤモンドオンライン 2016年3月24日)
  9. ^ 豊洲市場・施設事業者 再公募で万葉倶楽部に(東京新聞 2016年3月5日 朝刊)
  10. ^ 観光拠点「千客万来施設」の設計中断を都が要請 豊洲盛り土問題で地下駐車場に懸念(産経ニュース2016年9月13日)
  11. ^ 豊洲市場の温泉施設「千客万来」が着工先送り 補償問題に発展も(スポーツ報知 2017年1月18日)
  12. ^ “都知事、豊洲移転を表明 築地にも市場機能”. 東京新聞. (2017年6月21日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201706/CK2017062102000126.html 2017年7月11日閲覧。 
  13. ^ 小池知事「知事の部屋」/記者会見(平成29年6月20日) 築地市場移転問題について”. 東京都政策企画局調整部政策課 (2017年6月20日). 2017年7月11日閲覧。
  14. ^ “豊洲に予定の観光施設 運営会社が撤退の意向”. NHK. (2017年7月11日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170711/k10011053561000.html 2017年7月11日閲覧。 
  15. ^ 小田原市/お城通り広域交流ゾーン/万葉倶楽部に決まる(建設通信新聞 2016年12月27日 関東面)

外部リンク編集