メインメニューを開く
 
万里小路孝房
時代 江戸時代初期
生誕 天正20年10月10日1592年11月13日
死没 元和3年4月1日1617年5月5日
官位 従三位参議
主君 後水尾天皇
氏族 万里小路家
父母 父:万里小路充房
母:源光院織田信長の娘)
兄弟 孝房前田利忠、徳翁
長谷川重吉の娘
綱房葉室頼業
テンプレートを表示

万里小路 孝房(までのこうじ たかふさ)は、江戸時代初期の公卿官位従三位参議万里小路家14代当主。

経歴編集

権大納言万里小路充房の子。母は織田信長の娘・源光院

慶長18年(1613年)1月12日、参議に叙官。極位は従三位。

元和3年(1617年)2月21日、勅使として、徳川家康に東照大権現の神号を下賜する。

系譜編集

脚注編集